News ニュース

仲村トオル、塚地武雅、臼田あさ美が「ブラッシュアップライフ」第4話に本人役で登場2023/01/24

 仲村トオル、塚地武雅、臼田あさ美が、日本テレビ系連続ドラマ「ブラッシュアップライフ」(日曜午後10:30)の1月29日放送・第4話に本人役で登場する。

 「ブラッシュアップライフ」は、バカリズムが壮大なスケールを持て余し、不思議な日常を描くタイムリープヒューマンコメディー。地元の市役所で働く実家住まいの33歳独身・近藤麻美(安藤)は、ある日突然、過去の記憶を残したまま、人生をゼロからやり直すことになる。平凡な人生をもう1度やり直す、平凡な女性の物語が展開される。

 22日に放送された第3話の最後に、最新映像が入った「これからのブラッシュアップライフ」が公開され、今後の気になるシーンや新たなキャストが解禁。以前から出演は発表され役名が明かされていなかった臼田は、発表時に「私的には、非常に難しい役どころなのですが…楽しみながら、演じたいと思います」とコメントしていた通り、まさかの本人役という難役に挑むことが明らかになった。

 さらに、今回出演が解禁となった、仲村、塚地も本人役として出演するという前代未聞で奇想天外な展開となっている。気になるその内容は、2周目の人生も33歳で死んでしまった麻美が、今度こそはと人間に生まれ変わるための3周目の人生をスタートさせる。1周目は地方公務員、2周目は薬剤師の仕事を選んできた麻美。3周目の人生では、テレビ局で働くことに。しかも、実在する日本テレビに入社し、「24時間テレビ」の制作に携わる。

 小学生の頃から門倉夏希(夏帆)、米川美穂(木南晴夏)と大好きなドラマについて語り合う“ドラマクラブ”を作っていたほどドラマ好きな麻美は、ドラマ班に配属され「Woman」のドラマ制作に携わる。最新映像の中では、ドラマのアシスタントプロデューサーになった麻美が、女優・臼田あさ美と出会い、大それた約束をするシーンや、「花咲舞が黙ってない」に出演する俳優・塚地武雅のクランクイン、「家売るオンナ」の撮影のため衣装合わせをする俳優・仲村トオルのシーンなど、実在の作品や人物、ドラマ制作の裏側がリアルに描かれる。

 また、麻美が人生の1周目で大学時代に付き合うも、ギャンブルにハマってしまい別れたダメ男な元カレ・田邊勝(松坂桃李)とは、いい思い出ではなかったのと学部も違ったので2周目では付き合わなかったが、3周目では1周目と同じ文学部で田邊と再びクラスメートに。ダメ男と分かりつつも、田邊から告白され、なんだかんだ優しいので、もう一度付き合うことにする麻美。今回こそ元カレの転落を止められるのか気になるところだ。

 もちろん夏希と美穂とは、3週目でも仲良しで、疲れた時は地元に帰っておしゃべりをすれば癒やされる。そんなある日、麻美はふと大事なことを思い出す。確か今日は、ミタコングこと麻美の中学時代の担任教師・三田哲夫(鈴木浩介)が痴漢の冤罪(ぜんざい)で捕まる日だと気付く。とはいえ3周目の麻美は東京にいて夜まで仕事。地元に戻って助けることは物理的に不可能なのだが…。

 地方公務員、薬剤師の後は、まさかのドラマプロデューサー。しかし、麻美が2周目の人生で修正した“アレ”や“コレ”は一体全体どうなってしまうのか!? 奇想天外な人生やり直しの“テレビ局編”が幕を開ける。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.