Feature 特集

安藤サクラ演じる麻美はついに1周目で死んでしまった日を迎える…!「ブラッシュアップライフ」第3話2023/01/22

 安藤サクラ主演、バカリズム脚本でおくるドラマ「ブラッシュアップライフ」(日本テレビ系)は、33歳の独身女性・近藤麻美(安藤)がある日突然、人生をゼロからやり直すことになり、麻美として2周目の人生を始めるという摩訶(まか)不思議なタイムリープヒューマンコメディー。

 放送後のSNSには「トークがリアルすぎる」「見事な伏線回収」など、脚本を絶賛する声や役を見事に演じるキャストへの反響が寄せられた。1月22日放送・第3話では、ついに麻美が1週目で死んでしまった日が近づいてくるが…。

 徳を積むために2周目の人生を送る麻美は26歳に。勤務先が家の近所の調剤薬局に変わったことで、電車通勤から自転車通勤になり、朝はこれまでより30分も長く寝ていられるように。上司の宮岡徹(野間口徹)は仕事も丁寧で物腰も柔らかく、基本的にはいい先輩だ。近くに市役所もあるから、ランチ時には市役所時代の同僚・緑山春菜(佐々木史帆)と生田美樹(冨手麻妙)をよく見かける。でも当然、向こうは麻美のことを知らない…。

 そして、祖父母の家にもちょくちょく顔を出すように。1周目ではこの時期から祖父(綾田俊樹)の体調が悪くなり、その後に亡くなってしまっていた。2周目で薬剤師になった麻美は、祖父が常用している二つの薬の成分を見て、飲み合わせが悪いことに気付く。1周目で祖父の症状が悪化したのはこれが原因かもしれないと考え、近くの薬局で正しい薬を処方してもらうと、祖父の体調は良くなり、麻美は2周目で最大の徳を積むことに成功する! そんな中、1周目で付き合っていた田邊勝(松坂桃李)の近況を意外な形で知ってしまい…。

 時は流れ、麻美は33歳となり、1周目で死んだあの日がやって来る。33年前と同じように門倉夏希(夏帆)と米川美穂(木南晴夏)と一緒に「モンターニャ」で食事を楽しむ麻美は、1人で店に来ていた同級生(黒木華)と偶然再会。「彼氏どんな人?」と興味津々で写真を見せてもらうと、写っていたのは麻美もよく知るある人物だった。麻美が知る限り、その人は既婚者で…。何も知らない友人に麻美は事実を伝えられるのか!? そして、この後トラックにはねられる“予定”の麻美の運命やいかに――!

 第1話や2話では、何げない出来事が大きな伏線になっていた。今まで怒濤(どとう)の伏線回収劇があったが、第3話でもバカリズムの壮大な仕掛けが待っているのだろうか? 何げない劇中の会話もすべて意味がありそう。また予告では、1周目で麻美が死んでしまった夜、コンビニの前で麻美も乗った美穂の車を見送る謎の女性の姿が映っていた。この女性の正体は誰なのか、ますます目が離せない。ぜひお見逃しなく!

【番組情報】

「ブラッシュアップライフ」
日本テレビ系
日曜 午後10:30~11:25

N・R(日本テレビ担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.