News ニュース

JO1・豆原一成が「未来王2030」にゲスト出演! 川尻蓮&金城碧海&佐藤景瑚は学園ドラマでクイズを出題2022/12/05

 NHK総合では12月11日に「未来王2030」(午後4:30)が放送。スタジオゲストとして、JO1・豆原一成、櫻坂46・森田ひかる、大沢あかねが出演する。

 「未来王2030」は、今知っておきたい情報をクイズで楽しく学び、“自分事”にしてもらおうというエンターテインメント番組の第3弾。環境問題やSDGsなどに取り組む全国の若者約100人がクイズ大会に挑戦。埼玉・栄東高校のクイズ研究部や、東大や京大の環境サークルなど、熾烈(しれつ)な予選を勝ち抜いた個性豊かな6組・12人が、バーチャル空間に作られた近未来の東京・渋谷の街にアバターとして集結する。そして、地球の未来を担う“未来王”の座を懸け、決勝ステージに挑む。ロンドンブーツ1号2号・田村淳がMCを務め、ハチ公のアバターとして井上咲楽が進行役を担当。スタジオゲストと共に、第3代「未来王」の誕生を見届ける。

 第3弾となる今回は、子どもや若者の幸せを考える「君の声が聴きたい」プロジェクトに寄せられた約1万の若者の声の中でも、特に多かった「将来のお金の不安」「環境への危機感」「社会のルールへの不満」の三つのテーマでクイズを作成する。

 さらに、JO1のメンバー、川尻蓮、金城碧海、佐藤景瑚が、学園ドラマで「校則」や「ジェンダー」に関するクイズを出題する特別企画も。クライマックスは、挑戦者たちが未来をよくする熱い思いとアイデアを競い合う「プレゼン対決」。激闘の末、未来王に輝くのは、果たして誰なのか注目だ。

 

 田村は「バーチャル空間の街並みの再現度が高く、クイズの参加者はもちろん、視聴者の皆さんも楽しめる仕上がりになっていると思います。未来を感じながらクイズを答えていく中で、若い皆さんが解決したい、今の日本が抱える問題が見えてくるのが『未来王』ならではですね。何でこれ、学校で教えてくれなかったんだろう、教えてほしかったなという問題がたくさんありました」と振り返る。

 豆原も「若い世代の皆さんが、将来のお金の問題や、環境問題、社会のルールの問題について、真剣に取り組んでいるということが、すごく伝わってきました」と感激し、「同じ世代の若い人にも見てもらって、勉強したり、貢献したいと思ってもらえたら。自分も一緒に頑張って盛り上げていけたらな、というふうに思います」とアピール。

 森田は「いろいろなクイズがありましたが、全然知らないことばかりでした。でもすごく身近に感じられるような話題ばかりだったので、これからの日常で少しずつでも意識していけるように、そして、これからの未来が明るくなるように、1人でも多くの方に笑顔を届けられるように、私自身頑張れたらいいな、とすごく姿勢を正されるような時間でした」と得るものが大きかった様子。

 「栃木出身の私が渋谷のハチ公になるなんて、ちょっとシュールだなぁと思いながら、やらせていただきました」と報告する井上は、「これから日本がどうなってしまうんだろうという、暗いニュースが多い中で、まだ20歳前後の人たちが、未来を真剣に考えていることがすごい。だからこそ30代以上の上の世代も一緒に考えて生きていこうよって思いましたし、番組を通じて楽しく学んでもらえたらいいなって思います」と全世代に向けてメッセージを寄せた。

 大沢は「私自身もそうだったんですが、若い時っていろいろ考えて何か塞ぎ込んでしまったりとか、前向きになれないことってあると思うんです。でも今回、未来に積み重なった問題に真剣に向き合う皆さんを見て、私自身もすごく刺激になりましたし、こういう人たちをサポートできる大人でありたいなと思いました」と先を見据えた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.