News ニュース

河合郁人が「後藤&河合はウリふたつ!?」内のドラマでエースサラリーマンを熱演2022/11/19

 日本テレビ系で11月24日に放送される「たとえ発掘バラエティ 後藤&河合はウリふたつ!?」(午後9:00=読売テレビ制作)の1コーナーで、ラブストーリー仕立ての「勘違いたとえドラマ」にA.B.C-Z・河合郁人が登場。川島海荷と共演する。

 2020年7月から、関西ローカルの特番が1回、深夜の全国ネットが3度にわたってオンエアされた「クイズ!鼻からスイカ」が、「たとえ発掘バラエティ 後藤&河合はウリふたつ⁉」と番組タイトルも新たに登場。“ウリふたつ”なフットボールアワー・後藤輝基と河合がMCを務め、2時間スペシャルの特番としてゴールデン・プライム帯に初進出する。

 日常生活(小説・ヒットソング・名物教師の言葉・人気芸人のフレーズ)には、必ず言い得て妙の“名たとえ”が存在するが、番組では、そんな“名たとえ”の知られざる歴史や意外な使い方を学んだり、オリジナリティーあふれる“名たとえ”を発掘。さまざまな“たとえ”にまつわるクイズを各パネリストが予想をして楽しむ、知的好奇心探求バラエティーとなっている。スタジオには、回答者として、アンミカ、フットボールアワー・岩尾望、梅沢富美男、麒麟・川島明、NMB48・渋谷凪咲、Toshl(龍玄とし)、蛙亭(中野周平、イワクラ)、松本若菜を迎える。

 ラブストーリー仕立ての「勘違いたとえドラマ」は、「煮詰まる」「潮時」など、よく耳にするものの、実は使い方を間違えているたとえ言葉をちりばめた企画。河合は営業部のエースサラリーマン役を演じ、教育係の彼と行動を共にするうち、恋に落ちていく女性新入社員に川島が扮(ふん)する。大学時代に「たとえ研究会」に所属していた彼女が河合のセリフに反応し、正しい使い方を指南していく。

 ドラマを盛り上げるのは、田中要次、鬼越トマホーク。田中が河合のジャニーズの先輩と共演した人気ドラマのオマージュシーン、鬼越が定番のけんかネタで暴露する河合の㊙エピソードも見逃せない。松本が「ナイスガッツ!」と評価した河合の演技にも注目だ。

 河合は「めちゃくちゃ緊張しました! 映像でのお芝居はあまりしていませんし、グループではなく1人でしたし、しかも主演。めちゃくちゃ緊張したので、最初の撮影部分で、1回思いっきり声を出そう!と。あの『えー!』がそれです。川島海荷さんをはじめすてきな方々が登場するので、緊張しましたが、勝手に脳内で『HERO』が流れてました。なんちゃって『HERO』体験ができたので、一番幸せな『キッザニア』みたいでした(笑)」と撮影を振り返る。

 川島は「言葉の使い方について指摘する役だったので、セリフがややこしく少し難しかったです。でも私自身も勉強になりましたし、ノリノリでやらせていただきました! 河合さんも、テレビで見ていたイメージのまま楽しい方で、たまに挟まってくるものまねにたくさん笑わせていただきました」と感想を伝え、「見ている方が気軽に楽しく、普段使っている日本語の間違いを発見できるコーナーになっていたらいいなと思います!」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.