News ニュース

藤ヶ谷太輔が「ハマる男に蹴りたい女」で新たな“キュン旋風”を巻き起こす!2022/11/11

 Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔が、テレビ朝日系で2023年1月スタートの連続ドラマ「ハマる男に蹴りたい女」(土曜午後11:00。開始日未定)で、同系ドラマに初主演することが分かった。共演の関水渚が演じるヒロインに振り回される元エリートに扮(ふん)して、日本中に“キュン旋風”を巻き起こす。

 「ハマる男に蹴りたい女」の原作は、「逃げるは恥だが役に立つ」「東京タラレバ娘」「パーフェクトワールド」などのヒット作を生み出し続ける人気コミック誌「Kiss」(講談社)で連載中の天沢アキ氏による同名コミック。挫折した元エリートが、ひょんなことからレトロな下宿の管理人となり、そこで最低最悪な出会いを果たした住人のズボラ女子に振り回されることになる。しかし、一緒に生活するうちに、お互い相手のことが気になり始めるが、これまでエリート人生を歩んできた管理人と、何かと彼に突っかかるズボラ女子は、なかなか素直になれない。“人生の沼にハマッた元エリート管理人”דズボラお仕事女子”が繰り広げる、何ともじれったい“オトナの一つ屋根の下ラブ”が、新年に幕を開ける。

 藤ヶ谷が演じるのは、大手飲料メーカーの元エリート社員・設楽紘一。商品開発を担当するエース、美人で料理上手な妻とタワーマンション暮らしと、エリート街道まっしぐらだった紘一だが、上司の反感を買って事実上のリストラに。さらに、離婚届を残して妻もいなくなってしまうという悲劇の連鎖に見舞われる。

 「リストラされるくらいなら!」と自ら会社を辞めた紘一は、レトロな下宿・銀星荘(ぎんせいそう)で、住み込みの管理人として働くことに。そこで出会ったのが、住人のズボラお仕事女子・西島いつか(関水)。やたら突っかかられるわ、アゴでこき使われるわと、すっかりいつかに振り回されっぱなしの紘一だったが、ある夜、彼女に突然押し倒されて…!?

 一方、表の顔はWeb制作会社で働くキラキラのバリキャリ女子だが、その実態は超絶ズボラ女子というギャップの激しい銀星荘の住人・いつか役を務める関水は、映画「町田くんの世界」(19年)で俳優デビューを果たすやいなや、「第62回ブルーリボン賞」をはじめ多数の新人賞を受賞。その後も映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編/英雄編」(20年/22年)、ドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)など話題作に出演。23年には大河ドラマ「どうする家康」(NHK)への出演も決定するなど大躍進中だが、ラブコメディーは今回が初挑戦となる。

 Kis-My-Ft2のメンバーとしての活躍のみならず、主演映画「そして僕は途方に暮れる」(23年1月13日公開)では身を削ってクズ男を熱演するなど、役者としての評価も高い藤ヶ谷は、「最近出させていただいた作品は、ちょっと重めのものが多かったんです。だから今回、お話をいただいた時は、なんで僕なんだろうって驚いたんですが(笑)、別のジャンルにトライすると面白いことにつながるんじゃないかと思いました。あと、僕がやりたい役ややりたい作品って“キュン”がないので(笑)、応援してくださっているファンの皆さんは“キュン”が見たいと思ってくれているんじゃないか…というのもちょっとあって。奇麗事に聞こえるかもしれないんですけど、今まであまり視野に入れていなかった“キュン”のジャンルに挑戦することで、少しでもファンの皆さんに恩返しできたらいいなと思っています」と率直な心境を明かした。

 また、原作に関して「実は僕、少女漫画を読んだことがないんです。今回初めて読んだので、“少女漫画の読み方”が分からなくて戸惑いました。いろんな方にお話を聞くと『こういう展開がきたら、絶対ここから面白くなる』とかお約束のようなものがあるらしくて、それが全然分からなかったです(笑)。あと、個人的には、どういうところが読者の“キュン”につながるのかもよく分からなくて(笑)。男性は別にキュンとさせようとしてやっているわけじゃないけど、女性には響くのか…とか」と話し、模索しつつも「まだまだ“キュン”って難しいなと思うことばかりなんですが(笑)、原作の雰囲気やよさはそのままに、チーム一丸となって、いいものをお届けできるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 続けて、ラブコメへの取り組み方にも「コメディーってお芝居のジャンルの中でも、めちゃめちゃ難しいと思うんですよね。泣かせるパターンは無限にあるらしいんですけど、笑わせるのは数パターンしかないらしいんですよ。狙いに行きすぎてもスベるし…。さらに、ラブコメというあまり触れてこなかったジャンルなので、早めに感覚をつかみたいなと思っています。女性のスタッフさんがすごく多いので、今は『髪形はこれ』『衣装はこれ』と、言われるがままにすべてを委ねています(笑)。それによって新しく見えてくることもあると思うので楽しみです」と期待。

 初共演となる関水については「40分ぐらい前にお会いしたばかりで、いきなり距離の近い撮影をしたんです。その撮影では“あごクイ”をされるカットもあったんですよ。会ったばっかりの年上相手に“あごクイ”って気を使いますよね? だから『お好きにどうぞ』という感じでお任せしたら、『先輩、失礼します!』って言いながらクイッとされました(笑)。ほかにも、ネクタイを引っ張れとか、シャツをはだけろとか、初対面で戸惑う僕たちとスタッフさんの温度差がすごかったです(笑)。でもそのおかげで、すでにチームワークが出来上がったと思います。お互いの呼び方を決めて、僕は『なぎちゃん』と呼ばせていただくことになりました」と早くも息ピッタリな様子。

 加えて、「この作品は、30代の仕事のポジションや、やらなきゃいけないことなど、リアリティーのある部分もたくさん含まれているドラマです。そういう会社員としてのリアルも描かれていますので、僕のように少女漫画初心者の方にも楽しんでいただけると思います。今はまだまだ大変なことが多い状況ですけど、ドラマのオンエア中の30分間は、いろんなことを忘れて気楽に楽しんでいただけたらうれしいです。ひょっとしたら、“この時間を楽しみに1週間頑張れる”なんてこともあるかもしれないですし、見てくださった方の心が少しでも軽くなったらいいなと思います」と視聴者へメッセージを送った。

 ヒロインを演じる関水は「がっつり恋愛ものの作品に出たことがないんですが、ずっとやってみたかったんです。だから、お話をいただいた時は、『私もラブコメができるんだ!』って、すごくうれしかったです」と本作への出演を喜び、「私が今まで読んできた少女漫画は、『好きだけど、私にはかなわない相手だから…』みたいな感じのものが多くて、女子の方からグイグイ行く作品がなかったんです。だから、この原作を読んだ時は、『新しいな!』と思いました。(演じる)いつかちゃんも結構グイグイ攻めていきますし、“頭の中がお花畑”みたいになっていないので(笑)、男性でも読みやすいんじゃないかなと思いました。ただ、ドラマ化するにあたっては、自分がここまで攻めるのか、おぉ…すごいなって思いました(笑)。私は、原作を読んで、いつかちゃんのことがすごく好きになったんです。共感する部分も多いし、似ていない部分も含めてすごくいとおしい女の子なんですよね。だから、その大好きないつかちゃんを大事に演じていきたいなと思います」とコメント。

 また、「先日、仮の台本をいただいて、いつかちゃんの気持ちを読み解いたりしながら読ませていただいたんですが、今はラブコメということはあまり意識せず、いつも通りやってみようかなと作戦を立てているところです(笑)。でもたぶん、ラブコメのプロの方たちからしたら『もうちょっとこうした方がいい』など、いろいろな意見があると思うので、そういうのを教えていただきながら楽しくやっていけたらなって思ってます」と前向きな姿勢を見せる。

 藤ヶ谷の印象は「芸能界の先輩です!」と敬意を表し、『初めまして』ってごあいさつしてすぐに距離の近い撮影をしたんですけど、本当に先輩が優しくて…ありがたいことに“たいちゃん”と呼ばせていただくことになりました(笑)」と笑顔を見せ、「いつかちゃんと設楽さんはなかなか素直になれるタイプじゃないから、“いろんなアクシデントが起きて、それによって距離が縮まっていく”ということをプロデューサーさんからお聞きしました。私もまだどうなっていくのか全然分からないんですが、たぶん視聴者の皆さんがキャーッってなるようなアクシデントが起こるんだと思います。皆さんに楽しんでいただけるように、私も全力で頑張ります!」と気合十分だ。

 原作者の天沢氏は「『ハマる男に蹴りたい女』のドラマ化が決定してうれしいです。私がテレビで拝見していた藤ヶ谷さんはスマートで爽やかな印象なので、エリート人生から転落したちょっと情けない設楽をどう演じてくださるのかとても楽しみです。関水さんもフレッシュな魅力あふれる方で、すごくかわいいいつかになりそうでワクワクしています。すてきなキャストやスタッフの方々によって、どんなドラマになるのか今から放映が待ち遠しいです」と期待の言葉を寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.