News ニュース

関水渚が「元彼の遺言状」で綾瀬はるか&大泉洋と共演。負けん気の強い令嬢役2022/03/10

 関水渚が、フジテレビ系で4月にスタートする連続ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 ドラマは、第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説を原作にした、痛快リーガルミステリー。綾瀬はるかが、主人公である大手弁護士事務所に勤める超優秀な弁護士・剣持麗子を演じる。麗子は元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、依頼人と共謀して遺産を山分けする計画を立てる。しかし、麗子はなぜか毎度殺人事件に出くわし、法的視点で渋々事件を解決する羽目に。原作の世界観はそのままに、映像化に当たってはドラマオリジナルのエピソードも描いていく。麗子に遺産山分けの提案を持ちかける謎の依頼人・篠田敬太郎には大泉洋が扮(ふん)する。

 関水が演じるのは、亡き栄治のいとこで、幼少期からずっと栄治に思いを寄せていた森川紗英。自分の感情に正直な性格で、思ったことはどんどん口に出し行動に移すタイプで、栄治の元カノである麗子に対しても、嫉妬心から容赦なく食ってかかる、負けん気が強い役どころだ。

 同局の連ドラ初出演となる関水は「私は月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(2012年)に出演されていた石原さとみさんに憧れて芸能界に入りました。私も月9ドラマで多くの方に夢を与えられるようにお芝居をしていきたいです」と意気込み十分。

 綾瀬や大泉との共演には「トークもお芝居も本当に魅力的で憧れの先輩なので、休憩時間などにいろいろなお話ができる関係になれたらうれしいな、と思っています。お二人とのシーンもたくさんあるので、お芝居の面でも置いていかれないように、懸命に食らいついていきたいと思います」と楽しみにしている。

 作品や演じる役柄に関しては、「一人一人の個性が強く描かれていて、みんな違ってみんな魅力的に感じました。私が演じる森川紗英は、時に乱暴な言動を取るのですが、繊細な心の持ち主でもあります。視聴者の方々に紗英のパーソナリティーをきちんと伝えられるように、ただ乱暴に言葉を放っているだけではなく、一つ一つの言動の理由をしっかり考え、意識して役作りを頑張っています!」と明かし、「撮影は始まったばかりですが、とてもいい雰囲気の現場で、面白い作品になりそうだなと私もワクワクしています。完成したものを視聴者の皆さまと一緒に見られる日を楽しみにしています! 『元彼の遺言状』、お楽しみに!」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.