News ニュース

樋口日奈が「かりあげクン」でヒロインに。ドラマのオリジナルキャラクター2022/11/07

 戸塚純貴が主演を務め、BS松竹東急で2023年1月7日にスタートする土曜ドラマ「かりあげクン」(土曜午後11:00)に、樋口日奈、岩井ジョニ男(イワイガワ)、野口かおる、大水洋介(ラバーガール)、温水洋一がレギュラー出演することが分かった。

 「かりあげクン」は、「コボちゃん」「フリテンくん」などの大人気4コマ漫画で知られ、今年で画業51年を迎えた植田まさし氏の代表作。連載42年の時を経て、このたび初めて実写ドラマ化する。1話に複数のショート作品を組み合わせた本作ならではの、テンポのいい痛快ドタバタコメディーが展開する。脚本は、京都を中心に活動する劇団・ヨーロッパ企画がを手掛ける。

 樋口は、ヒロインにして、本作レギュラーキャストで唯一のドラマオリジナルキャラクターの新人派遣社員・清水彩花を演じる。営業部に入社した新入社員で、「なぜ、かりあげクン(戸塚)はクビにならない?」と思っていながら、日々仕事を一生懸命こなす。明るく思いやりがあり、5分前行動を心がけるほどの真面目な性格が裏目に出てしまい、いつもかりあげクンに翻弄(ほんろう)され、ドタバタな毎日に巻き込まれていく。しかし、日に日にかりあげクンのことが気になっていく。

 樋口は「お話を聞いた時は、あの『かりあげクン』が実写化されるの!?と、童心に帰ったようなワクワク感を抱きました。自分の思うままに生きるかりあげさんに、クスっと笑ってしまうような面白さも感じつつ、ちょっぴりうらやましいなとも思ったり…次第に心ひかれていく!? 清水の姿にもぜひ注目していただきたいです」とアピール。

 加えて、乃木坂46卒業後、初の連続ドラマ出演ということで「撮影に緊張していましたが、キャストの皆さん、スタッフさん、皆さん全員が温かい現場に、不安なんて吹き飛ぶくらい! 日々癒やされておりました。放送、ぜひお楽しみにしていてください」と明かしている。

 そのほか、かりあげクンを叱り続けて42年、昭和が抜けない課長・木村隆二を岩井、社内で唯一課長の無自覚なセクハラにビシッと物申す係長・太田裕子を野口、「ほんにゃら産業」社長の息子であり、甘やかされて育った放蕩(ほうとう)息子・木下優を大水が演じる。また、優の父であり「ほんにゃら産業」の社長・木下藤吉に温水が扮(ふん)する。

 さらに、主題歌が、シンガー・ソングライターの松室政哉が歌う「愛だけは間違いないからね」に決定。愛をテーマに、松室ならではの気持ちのいいテンポのポップスとゴスペルが組み合わさった楽曲だ。いたずらをして困らせるが、なぜか愛され続ける「かりあげクン」の世界観にマッチした曲となっている。

 松室は「主題歌のお話をいただいた時は、非常に光栄に思うと同時に、あの『かりあげクン』がどんなふうに実写ドラマ化されるのかと、とてもワクワクしました。コロナ禍や世界情勢など不安な出来事が続く近年ですが、この曲は、そんな生きにくい世の中でも信じていたい“愛”を歌った曲です。笑いと愛にあふれたこのドラマと『愛だけは間違いないからね』が重なる瞬間に生まれるメッセージが、皆さまに届くことを今から楽しみにしています。そしてこの曲が『かりあげクン』のように、長くたくさんの人に愛される作品になればうれしく思います」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.