News ニュース

内藤剛志主演「警視庁強行犯係 樋口顕」SPドラマ新作が放送。宅麻伸、樋口日奈らがゲスト出演2022/03/22

 テレビ東京系では4月4日に、内藤剛志主演の月曜プレミア8「今野敏サスペンス 暁鐘 警視庁強行犯係 樋口顕」(午後8:00)を放送。人気シリーズの12作目となる新作が、スペシャルドラマとして帰ってくる。

 本ドラマは警察小説の名手・今野敏氏の本格ミステリーをドラマ化。15年以上にわたりスペシャルドラマとして11作が放送され、昨年1月には「金曜8時のドラマ」枠で初の連続ドラマが制作された。

 今作でも、警視庁刑事部捜査一課強行犯係の警部・樋口顕(内藤)を支える、おなじみのレギュラーキャストが勢ぞろい。樋口をはじめとした強行犯第三係を見守る上司で警視庁刑事部捜査一課の管理官・天童隆一に榎木孝明、ジャーナリストとしての情熱を持った新聞記者・遠藤貴子に矢田亜希子が扮(ふん)し、天童の遠縁であり樋口の部下・菊池和馬役を佐野岳、同じく部下の藤本由美役を片山萌美、中田裕之役を小松利昌が務める。

 そして、今回ゲストキャストとして、公安部外事一課の刑事で樋口と捜査方針を巡り対立することになる戸川隆明役に宅麻伸、娘のあかりに大きな愛情を注ぐ神谷幸江役に有森也実、幸江の娘で結婚を控え両親との関係に悩む神谷あかり役に乃木坂46・樋口日奈。また、あかりが仕事で世話になっているレストランのオーナーで複雑な過去を持つ⾧澤美也子役に黒沢あすか、あかりの婚約者で神谷夫妻が結婚を反対する謎多き男・高野元役に永田崇人と、多彩なキャストが顔をそろえる。

 ドラマを手がける山鹿達也プロデューサーは「今回の『暁鐘』も今野敏さんの『樋口警部』シリーズのファン、2時間ドラマファンの期待に応えた大人の本格ミステリーとして見応えある作品になったと思います。見どころとしては、宅麻伸さん演じる公安の戸川と樋口の男同士の対立です。宅麻さんと内藤さんの大人のやりとりは、ベテランならではの演技で引き込まれます。黒沢あすかさんと有森也実さんの女性同士の駆け引きも、すごみの中に切なさがあり、何とも言えないかなしい、いいシーンになりました。また、乃木坂46の樋口日奈さん、永田崇人さんら若手人気俳優や、餅田コシヒカリさん、小野島徹さんのお笑いコンビにも参加していただきました。若い人からご年配の方まで多くの方々に見ていただけるとうれしく思います。ぜひ、ご期待ください」とアピールしている。

 物語は、「氷川電機」の研究員・望月一郎(榎木薗郁也)の遺体が見つかるところから始まる。樋口が捜査に乗り出すと、同社の新技術が海外に流出していたことが発覚。公安外事一課の戸川隆明からは産業スパイをあぶり出すため、捜査情報を報告するよう言われる。一方、殺害された望月は、同社常務の神谷伴宜(橋爪淳)の娘・あかりの婚約者・高野元について調べていたことが分かる。

 なお、新作放送前の4月3日に、「日曜ミステリー」枠で「今野敏サスペンス ⿁火 警視庁強行犯係 樋口顕」(午後2:00。関東ローカル)が再放送される。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.