News ニュース

沢口愛華、なにわ男子・大西流星主演「彼女、お借りします」で連ドラ初出演! メインビジュアルも公開2022/06/17

 沢口愛華が、ABCテレビとテレビ朝日で7月にスタートする連続ドラマ「彼女、お借りします」(ABC=7月3日スタート 日曜午後11:55。テレビ朝日=7月2日スタート 土曜深夜2:30)で、なにわ男子・大西流星が演じる主人公・木ノ下和也に、ひそかに思いを寄せる桜沢墨役に扮(ふん)することが分かった。さらに、ドラマのメインビジュアルも公開された。

 本作は、世界累計発行部数1000万部突破の“レンタル彼女”をモチーフにした宮島礼吏氏の同名コミックを実写化。優柔不断でモテないさえないダメダメ大学生の和也と、“レンタル彼女”として働きながら大学へ通う超絶美女な女子大生・水原千鶴(桜田ひより)との、レンタルから始まる恋模様を描くラブコメディーだ。

 非モテ人生まっしぐらの和也は、初めてできた彼女・七海麻美(秋田汐梨)に速攻でフラれ、半ばヤケクソでレンタル彼女を申し込んだところ、理想の女性・千鶴が現れる。千鶴にひかれながらも、思わせぶりな態度の元カノ・麻美、超積極的な更科瑠夏(工藤美桜)の存在に、和也はアタフタ。そんな中、千鶴から「練習台になってあげてほしい」と紹介されたのが墨だった。極度の人見知りで口下手だが、超けなげで頑張り屋な一面が、和也の恋に新たな展開を巻き起こしていく。

 沢口が演じる墨は、会話もままならないほどの人見知りで超けなげな美少女。千鶴が所属するレンタル彼女事務所の後輩で、和也はデートの練習台として墨を紹介されることに。“人見知りの域を超えた極度の人見知り”の墨だが、少しずつ和也に心を開いていく。実は自分を変えようと努力している墨にとって、やがて和也の存在はどんどん大きくなり、墨の成長もドラマの見どころの一つとなっていく。

 連ドラ初出演となる沢口は「かわいい女の子に囲まれてハーレム状態っっ!! うらやましい!!が、第一印象です。偽物の思いが本物の思いへ変わる瞬間にとてもひかれます。性格や見た目がバラバラな女の子たちの、それぞれの魅力に気づいてしまった時、推しが決められなくなりました。和也くんずるい(笑)」とコメント。

 そして、演じる墨に関しては「何この子!! 妹にしたい!! が第一印象です。『墨の朝は4時起きだ』の一言目から目が離せなくなりました。けなげで人一倍人を見ているからこそ自信がなかったり消極的になってしまう墨がいとおしくて、この子の成長をこの目で見届けたいと思わせる、ある意味あざとい子だと思いました」と分析し、「和也くんと同じ時間を過ごして変わっていく心を大切にしました。セリフが少ない分、表情で心の距離を感じていただけるよう努力したいです」と役づくりに触れた。

 主演の大西については「ボーリング場での撮影の時、エキストラの店員さん役、お客さん役の方たちに『お世話になります』と声をかけられていて、皆さんに気配りをされていたのが印象的だと思いました」と話し、「偽物から本物へ変わる思い、皆さんも一緒に見守ってください!」と視聴者へメッセージを寄せた。

 沢口との共演について、大西は「沢口愛華さんは、墨ちゃんの要素を持ち合わせていて、とてもぴったりな役だなと思いました。墨ちゃんが醸し出す不思議な空気感や表情、動作が和也を刺激して、墨ちゃんといる時は和也の男らしい部分も出ています。本番以外では、ボソッと放つ言葉が面白い方だなと感じました」と印象を語っている。

 また、公開されたキービジュアルは、主人公の和也を中心に、4人のヒロインがそれぞれのキャラクターを象徴するような表情とポーズが描かれている。ダメダメ大学生の和也が、レンタルから始まる恋を通して、どのように成長していくのか? ドラマが進むに連れて、キービジュアルの和也と4人のヒロインそれぞれの表情の見え方が変わってくるかもしれない。

 さらに、ストーリーを支える強力なキャストも発表。和也の祖母・和役に木野花、千鶴の祖母・小百合役には朝加真由美とベテラン陣が脇を固め、和也の母・晴美役は野口かおる、物語のキーパーソンにもなる主人公の友人役を務める若手俳優の金子隼也と鈴木康介の出演も決定している。

 なお、6月18日には、テレビ朝日で放送中のドラマ「恋に無駄口」(深夜4:00)内で、本作のドラマPR映像を公開。なにわ男子が歌う主題歌「シンシア」も初公開される。こちらも必見だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.