News ニュース

佐藤勝利主演「赤いナースコール」のヒロインは福本莉子! 鹿賀丈史、浅田美代子、板尾創路、ベッキーら共演陣も解禁2022/06/27

 テレビ東京系では7月11日から、Sexy Zoneの佐藤勝利が主演を務めるドラマプレミア23「赤いナースコール」(月曜午後11:06)がスタート。ヒロインを福本莉子が演じることが分かった。さらに、鹿賀丈史、浅田美代子、板尾創路、ベッキー、池田鉄洋、堀口紗奈、木村了、山本浩司、橋本淳、森田甘路、ラバーガール・大水洋介が共演することも決定した。

 秋元康が企画・原作を手掛ける本作は、“5分に1回の恐怖”をテーマに、病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップ・ラブサスペンス。1組のカップルが事故を起こしてしまい、ある病院に入院することになるが、「この病院何かがおかしい…⁉」。個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのにぬぐいきれない違和感をまとった病棟、そして並行して病院の外で起きている連続殺人の謎――。「この病院で何が起きているのか」「何故、人が死んでいくのか」「主人公たちは何故、この病院に入院したのか」…さまざまな人間ドラマと恐怖を伴うミステリーが展開する。

 主人公・春野翔太朗(佐藤)の恋人で、翔太朗と共に事件に巻き込まれる三森アリサ役を務める福本は、「初めてお話を聞いた時、史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンスって一体どういうこと!?と思ったのですが脚本を読み始めると、次に何が起こるか分からないハラハラドキドキ感にページをめくる手が止まりませんでした。実は、私自身ホラーが苦手なので病院でのシーンがどんな撮影になるのか今からおびえています(笑)」と心境を明かす。

 続けて役柄に関しては、「三森アリサは主人公の春野翔太朗と交際していて、活発で明るく翔太朗を引っ張っていく存在です。まだ脚本がすべてできていないので、探り探りで分からない部分もありますが思いっきり怖がって、そして楽しみながら演じたいと思います! 視聴者の皆さんと考察しながら楽しめるこの夏の暑さを吹き飛ばす最恐ミステリーになっていますのでお楽しみに!」とアピールしている。

 翔太朗が入院する榎木田病院の院⾧・榎木田誠役の鹿賀は「秋元康さんの原案で病院を舞台にしたオリジナルの最恐ミステリーということで、謎に包まれた人間ドラマも見どころのようです。毎週、ドキドキしながら考察しながら、最後はどんな結末が待ち構えているのか、まだ私も分かりませんが、ぜひ楽しみにしていてください」とコメント。

 翔太朗を担当する新人看護師・西垣小百合役の浅田は「病院話? ミステリー? 私は年取った新人看護師を演じます。面白そう!! え!? え!? 21歳!? 読めば読むほど分からなくなる秋元ワールド。本(脚本)が出来上がってくるたびに『どうなってるの? どうなった?』とドキドキ楽しみです。そんな感じで約3カ月面白く楽しみな日々になりそうです。さぁ、これから物語がどう展開していくのか…」と期待を寄せている。

 翔太朗の担当医・石原祐二役の板尾は「初めて共演させていただく方がたくさんいらっしゃって、今から楽しみです! 自分の役柄は決まっていますが、物語、自分の役は最終的にどうなるのか? スタッフに聞いても『まだ、脚本ができてないので、分かりません』と言われました。誰が味方で、誰が敵なのか、分からないまま撮影は進むのでしょう! ドキドキ、ワクワクが視聴者様に伝わりますように」とアピール。

 榎木田病院の看護師・山根ミク役のベッキーは「先が見えないドラマに参加するのが、こんなに楽しいとは。スタッフさんも本当にこの先どうストーリーが展開するのか知らないらしく、いい意味でてんやわんやしています。撮影していても出演者さんと『黒幕知ってるんですか?』『何話まで生きるとか聞いてますか?』と探り合いになって、面白いです。今回参加させていただけて本当にうれしいです。私も視聴者の皆さまと一緒に考察していきたいです!」と楽しみな様子。

 翔太朗の事故について調べる古岡警察署刑事第一課・工藤文世役の池田は「脚本を拝読し、『こんなに怖くていいんですか?』と驚きました。それほど、このドラマは過激です。その怖さの一翼を担えるよう、過激に演じたいと思います。私の持論ではありますが、傑作ホラーに美男と美女は不可欠です。佐藤勝利くんと福本莉子さんなら、きっと美しくも恐ろしいホラーになるだろうと、今からワクワクしております」と期待感をあおった。

 刑事第一課・加藤桜役の堀口は「『赤いナースコール』は謎解きとパニックの中で愛を描いたラブミステリードラマです。視聴者の皆さまが、考察しながらいろいろなドキドキを楽しんでいただけるのではないかと思っています! 私は刑事役を演じるのですが、レギュラーキャストとしてドラマに出演させていただくことが初めてなので、私もドキドキしながら一生懸命頑張りたいと思います。ぜひご覧いただけたらうれしいです!」と意気込む。

 翔太朗と同室に入院する患者・松井時雄役の木村は「個性豊かなキャストの皆さんと一緒にこの作品に参加させていただきます。あっと驚く展開がめじろ押しですので、ささいな変化や描写を見逃すことなく犯人に行き着いてくださいね。また、初めましての方々が多いので、どんな化学反応が起きるのか個人的にもワクワクしています」と出演を喜んでいる。

 同じく患者で津田八郎役の山本は「個性豊かな出演者陣に興奮しております。先の見えないストーリーに今から期待と恐怖でいっぱいです。怪しい病院で次々と起こるおぞましい事件。果たして私は最終話まで生き残れるのか!? ぜひ、ご覧下さい!!」と、患者・滝中良一役の橋本は「何がうそで、何が本当か、正直出演者である僕にも分かりません。今後の展開すらも…でも、人生もそうだよなぁとプカプカと考えたり。ですので、その“一寸先は闇”状態を楽しみつつ、最大限に広げるために、役の内情のことは、共演者の皆さまとはあまりコンセンサスを取らず、監督とだけひそやかなやりとりをして、うそと真実のはざまをゆらゆらとできたら。武器をあまり携えずに、手ぶらで闇を闊歩(かっぽ)したいなと思います」と役づくりに触れた。

 患者・後藤田健斗役の森田は「『病棟』という自由が制限され閉ざされた空間で起こるサスペンス。僕は主人公・翔太朗と同部屋の患者・後藤田を演じます。なかなか裏のありそうな役ですが、他の同部屋の患者役の面々も豪華で個性豊かな方達ばかりなので楽しみです。現実ではこんな閉ざされた密な空間でやりとりすることがめっきり少なくなってしまったので堪能しようと思います」と明かした。

 患者・下塚半太役の大水は「昔から『顔色が悪い、立ってるだけで不気味、何考えてるか分からない、笑いながら人のこと刺しそう』などと言われてきました。ここまで僕に向いているドラマはないでしょう。じわじわと押し寄せてくる恐ろしさ、全く読めない展開、覚悟してご覧ください」と自信満々で呼びかけている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.