News ニュース

ジェシー、市川猿之助らが見せる「最初はパー」キレキレダンスのフルバージョン&賀喜遥香のピン芸人ネタが先行公開!2022/11/02

 SixTONES・ジェシーが主演を務める、テレビ朝日系連続ドラマ「最初はパー」(金曜午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)。11月4日放送・第2話のラストに、タキシード姿のジェシー、市川猿之助、乃木坂46・賀喜遥香、IMPACTors/ジャニーズJr.・基俊介、青木柚、迫田孝也、橋本じゅん、小籔千豊らメインキャスト陣が、SixTONESによる本作の主題歌「Good Luck!」で踊るエンディング映像が登場する。

 「最初はパー」では、企画・原作・脚本を秋元康が務め、お笑い養成所で巻き起こる悲喜こもごもの物語を描く。何をやっても中途半端な政治家の息子・利根川豪太(ジェシー)は「父親の言いなりになって政治家になるのは嫌だ」と思い始めた矢先、ひょんなことからお笑い養成所に入学。プロの芸人を目指すことになる。そして、お笑いの世界、そして養成所で出会った鬼講師・相田忠則(小籔)やキャラの濃すぎる生徒たちと、時にぶつかり、時に励まし合いながら、少しずつ変わっていく。養成所で豪太と出会い、コンビを組むことになる澤村銀平に、猿之助が扮(ふん)する。

 第2話のラストで主要キャストが勢ぞろいで踊るエンディング映像は、番組公式TikTokで先行ちょい見せ動画を公開したところ、あっという間に60万回再生を突破。現在も再生数を伸ばし続けるなど大反響を呼んでいる。そこで、放送に先駆け、この映像のフルバージョンが同局公式YouTubeチャンネル(https://youtu.be/jVrbzwpP5Xw)で公開された。

 そして第2話では、ついに養成所の生徒たちが作ってきた渾身(こんしん)のネタを披露。漫才、コント、そしてピンネタと、それぞれがどんなネタに挑むのか期待が高まる。そんな中、賀喜が演じるピン芸人・雨宮すみれが披露する孤高のネタも、公式YouTube(https://youtu.be/2wQClOln0Jg)と、公式TikTok(htps://www.tiktok.com/@saisho_ha_paa/video/7155655788688723202?_t=8Waz8MrpnaD&_r=1)で一部先行公開された。今回、「すみれです…」から始まるネタは、ピン芸人ならではの超長ゼリフ。賀喜の熱演も要チェックだ。

 大黒芸能お笑い養成所に入学した豪太が澤村と、最初はパーといコンビを結成。何も持っていない今、この手で夢や希望、チャンスをつかみにいくという思いを込めてつけたコンビ名の通り、張り切ってネタを初披露した2人だが、思いっきりスベってしまう。すっかり自信を失ってうなだれる豪太と、そうでもない澤村。澤村は豪太に「誰も笑ってくれなかったけど、みんなが自分たちを見ていてくれた。無関心ほどツライことはない」とドヤ顔で語り始める。

 居酒屋「肝臓道場」に向かった2人は、すみれ、小塚尊(基)、木島大和(青木)、市毛稔(迫田)らいつものメンバーに合流。するとすみれが、スマートフォンで撮影していたネタ披露の様子を再生し始めるのだが、見事なまでにダダすべり。「“笑い”って一体なんなんだ…」とすっかり落ち込んでしまう。その後、一緒に豪太の家に向かった澤村は、豪太の父で政治家の利根川周郎(橋本じゅん)と顔を合わせる。するとお笑いをばかにしている周郎が、豪太だけでなく澤村にまで上から目線で失礼なことを言い始める。そんな周郎に豪太が反論し、「澤村さんは僕の相方です!」ときっぱりと宣言。澤村はその言葉をうれしく思う。

 2人は「絶対はやる!」と豪太が自信満々で生み出したフレーズをベースに考えてみようと、夢中でネタを作り始め、コンビとしての信頼が芽生える。しかし、自分の後継者として豪太を政治家にすると決めつけている周郎が黙っているはずもなかった。周郎は、養成所の鬼講師・相田(小籔)のもとに秘書を送り込む。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.