News ニュース

Boys be・伊藤篤志が「すきすきワンワン!」でキンプリ・岸優太の幼少期を担当2022/11/02

 Boys be/関西ジャニーズJr.の伊藤篤志が、日本テレビの「シンドラ」枠で2023年1月にスタートする連続ドラマ「すきすきワンワン!」(月曜深夜0:59、開始日未定。関東ローカル。Hulu・TVerでも配信)に出演。King & Prince・岸優太が演じる主人公・雪井炬太郎の幼少期を演じることが分かった。

 「すきすきワンワン!」は、26才のクズ男が昔飼っていた最愛のイヌと再会し、愛し愛され成長していく、水橋文美江氏が脚本を手掛ける感動の物語。「俺の人生のピークは小5!」と人生諦めモード、かつネガティブ思考の炬太郎の前に、ある日、「僕はあなたの元飼い犬・てんです!」と名乗る謎の男・木ノ宮天(浮所飛貴)が現れる。そもそもスピリチュアルなことは一切信じないし、その手のことは鳥肌が立つほど嫌いな炬太郎は、どこをどう見ても普通の人間のこの男が、あの元愛犬・てんなわけがないと思う。 

 しかし、なぜか1人感動し、距離を縮めてくる木ノ宮を拒もうと試みるが、木ノ宮は「宝物の首輪」「小さかった頃の思い出」「てんにだけ話した悩み事」など、てんにしか分からない物や事をズバズバと言い当てる。「こいつ、まさか本当に…!?」と、徐々に信じざるを得なくなっていく炬太郎。

 炬太郎の複雑な胸中は置いてきぼりで、木ノ宮は元飼い主との再会に感動し、「あの頃の輝いていたご主人様に戻ってほしい!」「僕はあなたのためならなんでもできる!」「ご褒美になでてください!」「なんなら一緒にお風呂入ろう!」と、しっぽを振るように興奮。やたらとおせっかいと強すぎるスキンシップを仕掛けてくる。最初こそうっとうしがった炬太郎だったが、自分のためにひた向きに尽くす“木ノ宮”てんに、溶かされ、癒やされ、しまいには心奪われていく!?

 「初の連続ドラマが岸くんの幼少期役と聞いてとんでもなくびっくりして、とんでもなくうれしかったです!!」と声を弾ませる伊藤は、「とにかくセリフを覚えるのが大変ですが、毎日家で何度も何度も繰り返しながら練習し覚えています」と奮闘している様子。

 そして「現場はいつものグループ活動と違って1人きりで心細いですし、大人がいっぱいでとても緊張しますが、できる限りの力を出して頑張りたいと思っています。愛犬・てんとも仲良くなって撮影に臨めたので、ぜひ、てんとの友情、絆を見ていただきたいです!!」と張り切っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.