News ニュース

A.B.C-Z・河合郁人、“土下寝”再び!? NMB48・渋谷凪咲、ネルソンズも新感覚カラオケに大苦戦2022/11/02

 テレビ朝日系で本日11月2日放送の「NEWニューヨーク」(水曜午後11:45。一部地域を除く)では、A.B.C-Z・河合郁人、NMB48・渋谷凪咲、ネルソンズをゲストに迎え、超有名な歌の歌詞の一部が3択になってしまう中で、最後まで間違えずに歌い切ることができるかどうかを競う「三択カラオケ」の第2弾をおくる。

 「NEWニューヨーク」は、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)が新たな笑いを生み出すべく体当たりで挑む純度100%のお笑い番組。「三択カラオケ」では、ヤシキング(屋敷)とヒロナパトラ(弘中綾香アナウンサー)が支配する遺跡に迷い込んだトレジャーハンターの嶋佐、河合、渋谷、ネルソンズが、カラオケバトルに挑み、歌詞を間違えると、罰として大物アーティストたちへのガチ謝罪が待ち受ける。

 渋谷はいきなり「歌詞も心配ですが、声がすごくか細い」と現役アイドルとは思えぬ発言。まず、嶋佐が“30年間で最も歌われたカラオケソング”である高橋洋子の人気曲に挑戦する。そして、同企画には初参加となる渋谷とネルソンズは、意外な難しさを知りがく然とすることになる。

 1stステージは、目を閉じても歌えるというあの超定番ソング。前回の放送で河合は、ものまねでたびたび披露している大先輩・SMAPの代表曲を見つけ、「ネタ曲あります」と反応したが、今回もあるネタ曲が選出されていることに気付く。そこで河合が発した暴言に、嶋佐から「怒られるよ」とツッコまれ、「この時間は見ていない」と開き直る一幕も。

 さらに、クジで“国民的アニメの主題歌であるLiSAの大ヒット曲”が出ると、グループで踊った経験があるという河合がチャレンジすることに。途中から急に早くなる部分などもあり難易度は高いのだが、屋敷いわく「カッコ悪い」姿をさらすことに!?

 続いての1曲は、近年SNSを中心にリバイバルヒットとなっている“1993年を代表する広瀬香美のヒットソング“。チャレンジするのはネルソンズの岸健之助。3人でバンドを組んでいたほど音楽好きのネルソンズだが、河合からはそのノリを「古いPV」とイジられてしまう。加えて、岸はヤバすぎるミスを犯し、ネルソンズは解散の危機に陥る!?

 そして、渋谷が挑戦するのは“2020年にカラオケで最も歌われたOfficial髭男dismの代表曲”。「めっちゃ緊張する!」という渋谷だったが、歌い出すと冒頭から心配していたあまりの声のか細さにニューヨークも困惑。そんな中で渋谷は無事に歌い切ることができたのか?

 その後、一同が悪戦苦闘するも、ボーナスステージに突入。難易度マックスの楽曲として“RADWIMPSの名曲”が出現。テンポが速いため歌詞の3択部分もパニックになりがちな難曲に河合が挑むが、まさかの“ネルソンズ岸・再来”状態となり、ジャニーズにあるまじき醜態をさらすことに。この事態に「三択カラオケ」定番となってきた河合の土下座ならぬ“土下寝”はさく裂するのかにも注目だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.