News ニュース

SixTONES・京本大我主演「束の間の一花」のメインビジュアルが公開2022/10/03

 SixTONES・京本大我が主演を務め、日本テレビで10月17日にスタートする連続ドラマ「束の間の一花」(月曜深夜0:59、関東ローカル。HuluとTVerで配信)のメインビジュアルが解禁。駒井蓮、山之内すず、朝加真由美、きたろうの出演も発表された。

 ドラマの原作は、タダノなつ氏による同名コミック。余命宣告を受けている哲学講師と生徒の、いつ終わりを迎えるか分からない日々を過ごす、はかなくも温かい“束の間”の恋の物語が描かれる。京本が演じるのは、大学で哲学を教える講師・萬木昭史。「単位ゆるゆるのユルギ」と授業は人気だが、聞いている生徒は少ない。唯一真面目に授業を受ける女子大生・千田原一花(藤原さくら)と距離を縮めるが、ある日余命宣告を受け、萬木は大学を辞職する。同じく余命宣告を受ける一花と萬木が、ほかの人には分からない痛みを分かち合い、互いが生きる希望になれるのか…。何げない日常を、これまでよりもっと大事に思える、そんなストーリーが展開される。

 公開されたビジュアルは、大学の2人の1コマを描いたもの。こちらの解禁と合わせて公式サイト(https://www.ntv.co.jp/tukanomanoitika/)もリニューアルされている。

 また、一花の大学の親友で情報通の土橋じゅん役を駒井、自由気ままな清水かおり役を山之内が演じる。3人が繰り広げる、大学生トーク、笑って楽しめる“恋バナ”にも注目だ。

 駒井は「脚本を読ませていただき、一花ちゃんと萬木先生のやりとりにほっこりしつつ、一花、かおり、じゅんちゃん3人のやりとりがほほ笑ましくて笑ってしまいました。また、先生と友達と家族と、こんな青春があったらいいな…と想像してドキドキもしました。じゅんちゃんは、原作とは異なる雰囲気になっているのですが、マイペースさと効率重視な部分が魅力なので、そこを楽しみながら演じていければと思っています。一花、かおり、じゅんちゃんはそれぞれのキャラが濃いにもかかわらず、なぜか話すとみんなでゆるやかな気持ちになる3人です。毎シーンとっても楽しく撮影させていただいてます。なので、萬木先生のゆるゆるさも見どころですが、3人組のゆるゆるさもぜひ注目していただきたいです!」と3人のシーンを見どころに挙げる。

 山之内は「とても重いものを背負っている2人の物語ですが、それを感じさせない一花の強さ、最後まで自分の人生を諦めない姿が心に刺さりました。私が演じるかおりはいつでも自由で服装も何もかも周りに影響されない自分らしさを持っている女の子です。恋に真っすぐな一花、しっかり者のじゅんちゃん、自由奔放なかおり。そんな凸凹な3人の姿も楽しんでいただきたいです」とアピールし、「絶対にいいドラマだったと思ってもらえる作品になっていると思います。恋に真っすぐな、生きることに真っすぐな2人の姿が毎週の生きる糧(かて)になりますように」とメッセージを寄せている。

 そして、萬木がトマトを託す同じマンションの住人・山根恵子役を朝加、萬木を大学の講師に引っ張った恩師・渋川哲治役できたろうが担う。

 朝加は「私が演じる山根は人生を大切に、シニアライフを楽しんでいるおばさん。私自身そんな暮らし方に憧れがあるので、役を通して楽しみたいと思っています。このドラマは、今を生きてるって素晴らしい! 果たして自分は今を大切に生きている? そう自分に問いかけてみたくなる作品ではないかしら」と役柄と内容を紹介。

 そして、きたろうは「いちずに人を好きになって告白するって、すてきなことだなと思いました。知的であることが、なんでもない。そんなキャラクターを演じたい。死は実は誰にでも側にいます。毎日を一生懸命に生きてほしい。とにかくかわいい物語です」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.