News ニュース

鈴木伸之と渡辺大知が奈緒主演「ファーストペンギン!」で奮闘するヒロインをサポート2022/09/07

 鈴木伸之と渡辺大知が、日本テレビ系で10月にスタートする連続ドラマ「ファーストペンギン!」(水曜午後10:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 奈緒が主演を務める本作は、縁もゆかりもない漁業の世界に飛び込んだシングルマザーと、彼女と共に改革の荒波に漕ぎ出した漁師たちの奇跡の実話をモデルに、「JIN−仁−」「義母と娘のブルース」(ともにTBS系)などを手掛けたヒットメーカー・森下佳子氏によるオリジナル脚本で紡ぐ、爽快なリアル・サクセスストーリーだ。

 タイトルの“ファーストペンギン”とは、敵が潜む海に、なかなか飛び込むことができない臆病なペンギンたちの中で、最初に海へと飛び込む“勇気ある1羽目”のこと。そんなファーストペンギンのように、未知なる漁業の世界に飛び込んだ主人公のシングルマザー・岩崎和佳を奈緒が演じる。

 鈴木が演じるのは、片岡洋(堤真一)が立ち上げた漁船団・さんし船団丸の一員である、永沢一希。永沢は、数年前に都会から移り住み、片岡の下で働いている若手漁師だ。アジとサバの違いも分からない“漁業ド素人”の和佳が、漁師たちに翻弄(ほんろう)される姿を見て、さりげなくフォローする“お助けマン”のような存在となる。

 一方、渡辺が演じるのは、東京に住んでいる和佳の相談相手・琴平祐介。和佳からは「先生」と呼ばれ、何かと頼りにされることが多い。物腰が柔らかく、語り口も穏やかだが、どこかミステリアスな雰囲気をまとっている謎多き人物。実は、ある秘密を抱えている役どころだ。

 未知なる漁業の世界に飛び込んだことで、波乱だらけの日々を送ることとなる和佳。そんな彼女にとって大きな支えとなるのが、永沢と琴平の2人。ピンチに陥った和佳を助けたり、親身にアドバイスを送ったりと、随分気にかけている様子だが、果たして彼らの真意とは? 和佳とそれぞれの関係の行方にも注目だ。

 鈴木は「『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』に続いて、また日テレ水曜10時にご縁をもらえました。今回、僕の役は船団員ということで、また新たな挑戦になりそうです。皆さまの毎週の楽しみになるよう永沢一希を精いっぱい演じられたらと思います。楽しみにしていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せる。

 渡辺は「こんなお仕事ドラマが見たいと思っていました! 波瀾(はらん)万丈な展開の中に、笑いもあり、ほっこりもあり、勉強になることもあり。仕事をする喜びを感じさせてくれる物語だと思います」と作品の魅力に触れ、「パワーあふれる生き生きとした魅力的な登場人物たちを、奈緒さんはじめ、尊敬する役者の方々が演じられることにワクワクしています。自分もその中で楽しみながら、自分にできることをかみ締めながら参加できたらと思っています」と意欲を燃やしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.