News ニュース

実は同期! かまいたちと狩野英孝が「眼福ちゃんねる」で初タッグ。互いに好きなところは…!?2022/06/25

 TBS系では6月26日に、かまいたち(山内健司、濱家隆一)がMC、狩野英孝がサブMCを務めるバラエティー「かまいたち眼福ちゃんねる」(午後4:00=MBS制作)を放送。MCとしては初タッグとなった2組に、収録直後に独占取材を敢行。初タッグの手応えや番組の見どころを聞いた。

 同番組では、あまたの動画が世間にあふれる中、「もう、面白い動画を探すのが面倒くさい!」という人に向け、芸能人やスペシャリストがハマっている、見ているだけで幸せになる“眼福動画”を紹介。今回は4組のゲストに加え、かまいたち、狩野もお気に入りの動画を公開する。

 まずは、米津玄師のPVで空撮シーンを撮影した天才高校生ドローンオペレーター・小澤諒祐さんが登場。小澤さんにしか撮影許可が下りないという巨大ドローンを使った愛知県犬山城や、樹氷のドローン映像が流れると、そのダイナミックな空撮映像に、かまいたちは「気持ちいい!」「素晴らしい」を連発する。

 また、かまいたちの後輩で、パン作りの腕がプロ並みのTHIS ISパンの吉田結衣が「パンの動画」をおすすめ。かまいたちは、パンの動画で“眼福”が味わえるのとか心配するが、4時間かかるパン作りで1回だけ訪れる、吉田曰く「パンの神様のご褒美」という一瞬を収めた動画に、「何これー!」と一同は大いにに盛り上がる。

 さらに、TRFのSAMが、若い頃から好きだというサイの動画を熱くプレゼン。いまいち反応が鈍いかまいたちは、最後にあるインパクト大な衝撃映像が流れると、山内は「すみません、これは眼福動画ですか?」と真顔で口にする。

 続いて、おかずクラブのオカリナが、“日本中の女子が震撼(しんかん)する眼福動画”として、地方局の番組「戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜」の1シーンを紹介。そこに登場する「信長と蘭丸」にハマっているということで、熱いプレゼンを展開するが、かまいたちにはなかなか響かず、スタジオは微妙な空気に包まれることに…。

 そして、ラストは、かまいたち、狩野の3人も眼福動画を公開。濱家は料理の動画、山内はポーカーの動画、狩野は東京駅のライブカメラの映像を紹介する。

 今回は、ゲストをサポートするサブMCとして番組に参加。これまであまりない役回りだったため「実は不安があった」という狩野だが、普段から動画を見るのが好きで、事前にゲストの動画を確認した際、心から楽しいと思えた動画ばかりだったことから、スムーズにゲストをサポートすることができたと振り返る。

 そんな狩野の進行ぶりについてかまいたちの2人は、「普段、サポート役なんて絶対にしなそうな狩野さんがサポート役をしているっていう、まずそこのミスマッチな感じが面白かったです」(山内)、「普段は、狩野さんがどっちかと言えば進行とかで、ポカをして笑われるみたいなイメージがあったんですが、とてもしっかり回していただいて、すごいしっかりできる方なんだなって感じました。すごく分かりやすかったです」(濱家)とイメージとは違った狩野の姿を新鮮に感じた様子。

 お互いのいいなと思う“眼福ポイント”について尋ねると、山内は「めちゃめちゃ進行がうまいところ」と狩野について語り、濱家は「今回新たになってしまいましたね」と共感しつつ、「笑顔が死ぬほどかわいいところもポイントですね」とコメント。一方、狩野は「ギャンブルや漫画好き」という自身と趣味が合うところが、かまいたちの“眼福ポイント”だと話し、今回は山内おすすめのポーカー動画でもトークが盛り上がっていたが、「僕もかまいたちさんに見せたい動画がまだまだあるので、第2弾があればぜひ紹介したいです」と力を込めた。

 そんな2組は、これまで何度も共演経験はあるものの、ガッツリとタッグを組んで番組を進めるのは今回が初。実は同期だが、これまでは「狩野さんは売れたのが早かった」(濱家)ことや、東京と大阪ということでなかなか距離が縮まることがなかったそうで、今日の会話も「最初から最後まで敬語だった」(狩野)と笑うが、この番組をきっかけに、さらに距離を縮めていきたいと口をそろえた。

 また、番組の中では、オカリナが「戦国鍋TV」に登場するキャラクターのカップルが好きだと熱弁していたが、あくまでその番組内でのキャラクターが好きで、演じている役者さんが好きということとは違うと説明。その思いが伝わりにくい部分があったが、狩野は自身の経験から「すごくよく分かった」と共感。「『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)から生まれた50TAでライブをやるとチケットが完売するのに、狩野英孝でライブをやると、手売りしなきゃいけなかったりして、そこであくまで“キャラクターに恋している”という気持ちを痛感したんですよね。自分に置き換えても、とんねるずさんやウッチャンナンチャンさんが演じてきたキャラクターにほれるっていう感じもよく分かります」とオカリナの気持ちを理解していた様子。

 反対にかまいたちには、「自分は気に入っているけど、人には伝わりづらいこと」について聞いてみると、山内は、新幹線から見える景色について力説。東京から新大阪に戻る際に、新大阪の手前で、ある斜めに立っているビルの側面についている窓の手前と奥が重なって、「向こう側まで突き抜けて見えるポイントがある」と説明。濱家によると、10年ぐらい前から主張しているそうだが、自身は見たことがないのだとか。(ちなみに新大阪に向かって左側の窓から見えるそう)。

 また、濱家は、落合博満氏とイチロー氏の対談動画でのやりとりを上げ、落合氏がイチロー氏をべた褒めする中で、それにクールに対応していたイチロー氏が、落合氏のある指摘から「『そこを分かってくれる人はいなかった!』というような反応をする瞬間があって、それ以降イチローさんがとても明るく話しだすんです。その開けた瞬間が感じられるところがいい」と語った。

 最後に、番組の見どころを聞くと、濱家は「プレゼンしてくれる方が、本当に自分が興味あるものを紹介してくれているので、やっぱり面白いんですよ。ざっくりかわいい動画とか、衝撃動画とかじゃなくて、この動画の“ココを見てくれ”というところが分かりやすくて、楽しめます。でも、本当の“眼福動画”は小澤さんだけだったかな(笑)」、山内は「テレビに出ているちょっと変わった人たちが一押しの眼福動画を持ってきてくれています。自分が興味ないジャンルなはずなんだけど、めちゃくちゃ見てしまう動画ばかりだったので、そこを見ていただけたらなと思います」とアピール。

 狩野も「普段自分が好きな動画ばかりを見ていると、自分の趣向って固まってしまうと思うのですが、番組では、自分で絶対検索しないような動画が見られて感動しました。普段なら絶対見ない料理動画を見て『気持ちいいな』って思ったり。僕、料理をしないんですが、作ってみたくなったり、ドローンの撮影を見てその場所に行きたくなったりしたので、自分の趣味の幅が広がるきっかけになると思いますね」としっかりと見どころを伝えた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.