News ニュース

ディーン・フジオカ主演で石ノ森章太郎原作「HOTEL」をリブート! ホテル競争が激化した現在に舞台を移す2022/06/08

 ディーン・フジオカが、WOWOWプライムで9月から放送・配信する「連続ドラマW HOTEL -NEXT DOOR-」(開始日未定)に主演する。

 原作は漫画界の巨匠・石ノ森章太郎氏の「HOTEL」。1990年代に髙嶋政伸主演でテレビドラマ化され大きな反響を巻き起こした名作を、ホテル競争が激化した現在に舞台を移して、「ホテル・プラトン」の衰退と危機をフルオリジナル脚本で描く。

 ディーン演じる主⼈公・三枝克明は、衰退著しい「ホテル・プラトン」の再建のために総⽀配⼈として招聘(しょうへい)されたホテル経営のプロ。国内外の経営不振のホテルに出没し、整理・解体・売却を請け負うとうわさされるやり手で、“ホテル座の怪⼈”と呼ばれている。三枝は驚くべきスピードでホテルの全領域に業務改⾰のメスを入れていくが、彼には隠された秘密と大きな別の目的があった。

 主演オファーにディーンは「⾃分⾃⾝これまで移動の多い⼈⽣だったので、国内外問わず多くのホテルを利⽤してきました。従業員・宿泊客ともに多種多様な⼈間の交差点でもあるホテルという文化⾃体に以前から興味があったので、本作品へのオファーをいただき非常にうれしかったです」と喜ぶ。

 物語については「石ノ森先⽣の原作を令和版に再構築したフルオリジナル脚本で、とても読み応えがありました。特に、負のスパイラルを正のスパイラルに変えていくための改⾰を実践していく三枝克明という存在に深い共感を覚えました」という。ホテルの総⽀配⼈を演じたことで「普段ホテルを利⽤する際に、ここがこうだったらさらに良くなるのに!などと頭の中で勝手に総⽀配⼈モードになってしまう職業病? 後遺症?に悩まされています」と成り切っている。

 放送に向けては「“ホテル座の怪⼈”こと三枝克明が、ホテルの全領域に業務改⾰のメスを入れていくそのメスさばきにも注目ですが、最後までご覧いただくことで解き明かされる三枝の隠された目的にきっと多くの方が心を揺さぶられると思います」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.