News ニュース

「パンドラの果実」Season2に吉本実憂、平山浩行、池内万作、弓削智久が参加。物語をかく乱する新メンバーに2022/06/07

 日本テレビ系連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(土曜午後10:00)の、Huluオリジナル「パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜」Season2(全6話)が、6月25日の地上波最終話放送終了後から、Huluでの独占配信がスタート。新キャストとして、吉本実憂、平山浩行、池内万作、弓削智久が出演することが分かった。

 ディーン・フジオカが主演を務めるドラマの原作は、中村啓氏の「SCIS 科学犯罪捜査班 天才科学者・最上友紀子の挑戦」(光文社文庫)。最愛の妻を亡くした警察官僚・小比類巻(ディーン)と科学界を離れた天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)が、最先端科学にまつわる事件の捜査を担当し、科学犯罪対策室に託された法整備や警察機構の対応が追いついていない“不思議で不可解な事件”を、ベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)と共に、事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく。

 Season2で科学犯罪対策室のメンバーが立ち向かうのは、「ゲノム編集」「クローン」「不老不死の科学」「人体凍結保存」など、最先端科学が巻き起こす“全く新しい事件”。そして、その裏で極秘裏に糸を引く多国籍テクノロジー企業「ライデングループ」×国家機密の極秘計画と、禁断の不老不死構想。新たな大敵となる「ライデングループ」の登場により、科学犯罪対策室は極限の戦いに身を投じていくことになる。

 鍵となるのは「ライデングループ」シニアマネージャー・沢田克也の陰謀、そして厚生労働省から天下りした顧問・椿文治の闇。Season1でも小比類巻に貴重な極秘情報を多数提供してきた、あの憎めない厚労省課長・三枝益生(佐藤隆太)も、国家レベルの腐敗に進退を懸けて本気で立ち上がります。そんな中、またも暗躍するSeason1から続く謎の存在「ボディハッカージャパン」の代表カール・カーン(安藤政信)の“真の狙い”も明らかに!? さらに亡き愛妻・亜美(本仮屋ユイカ)を冷凍保存する小比類巻の悲しみと科学への希望、愛娘・星来(鈴木凜子)への父としての思いも、次なるステージへと向かう。

 Season2では、ディーン、岸井、佐藤、本仮屋、安藤、ユースケはもちろん、警視庁捜査一課長・葛木信介役の西村和彦、警察庁刑事局長・島崎博也役の板尾創路、小比類巻の義母・四宮聡子役の石野真子ら、Season1に出演した主要キャストも続投。そんな中、今回発表された4人は、物語を多方面からかく乱する新キャストとして参戦する。

 吉本が扮(ふん)するのは、科学犯罪対策室に配属となる新人捜査官・奥田玲音。奥田はSF好きを理由に自ら志願して科学犯罪対策室に配属された新人で、実はある特技を持っているが、その存在はやがて思わぬ波紋を広げていく。また、平山は「ライデングループ」日本支部のシニアマネジャー・沢田克也、池内は最上をあろうことか“最悪の窮地”に追い込む公安捜査官・手塚祿郎、弓削は「ライデングループ」の沢田から依頼を受ける闇仕事請負人・遠藤和馬を演じる。

 吉本は「今回お話をいただいた時に、まずこの作品のタイトルがとても魅力的だと思いました。『パンドラ』と『果実』この二つの言葉から生まれてくる物語はどう展開されていくのだろうと想像がすごく膨らみました。私が演じる奥田は、SFが大好きで科学犯罪対策室に入り、ある特技を持っている捜査官です。私自身もSF作品が好きなので、今回奥田を演じさせていただくことができ、とてもうれしいです。科学犯罪対策室の新たな一員として、事件に全力で向き合っていきますので楽しみにしていてください」と意気込む。

 平山は「演じる沢田は、世界中の富裕層にさまざまな科学技術を利用したサービスを提供する外資系サイエンス企業に勤めております。まず、台本を読んで最初に思ったのは、現実的に起こりうる近未来の話だなと思いました。とても考え深い内容とスケールの大きさに、参加する前ですが非常にワクワクしております。私は科学犯罪対策室の敵役となるわけですので、『パンドラの果実』の世界観を感じながら作品のスパイスとなれるように、これから演じていきたいと思います」と役柄と作品での自身のスタンスについて語る。

 池内は「初めて台本を読んで、自分の演じる手塚祿郞という役と出会った時は衝撃を受けました。優秀な公安捜査官として強引に捜査を進めながら、何を抱えているのか。『もしかして自分は、ずっとこういう役を演じたかったのかもしれない』なんて思わされたというか。大好きな役なので、最後まで楽しんで演じていきたいと思います!」と愛着たっぷりに作品に臨む。

 弓削は「Season1を毎週楽しみに見ていて、続編に出られることをうれしく思います。日常に最先端科学が浸透して、当たり前だった基準が年々上書きされていくようになりました。生活は変われど、人の心は科学のように進化していかないところに、葛藤と安心があります。遠藤和馬は人としての感情が欠落し、未来を見据えず冷静に現在だけを生きている男。ぜひお楽しみにしてください」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.