News ニュース

「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第8話に森崎ウィンがゲスト出演!2022/05/31

 森崎ウィンが、6月4日に放送するテレビ朝日系の連続ドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(土曜午後11:30)・第8話に出演する。

 同作は、山田涼介演じる、かわいいを武器に生きてきた“あざかわ男子”と、芳根京子演じる26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”の2人の遅すぎる初恋を描くラブコメディー。ヒミツの社内恋愛真っ最中の丸谷康介(山田)と真田和泉(芳根)だが、いまだ“真田さん”“丸谷さん”と呼び合っている2人。康介は、思い切って呼び方を変えようと提案するが、照れもあってなかなか“和泉”とは呼べない。

 そんなある日、見知らぬスーツ姿の男が和泉を親しげに呼び捨てにしている場面を目撃してしまう。この男は和泉とどういう関係なのか。気になって仕方のない康介は、1人もんもんとしてしまう。この人物の正体は、会社の組織改革を進める人事コンサルタント・山城大和。経営状態が厳しいというウワサのあった「弥生ビール」が、組織改革としてまずは営業部に人事コンサルタントを投入することになったのだ。

 「このまま状況が変わらなければ近い将来人員削減も視野に入れる」と説明する大和の言葉に、戦々恐々とする一ノ瀬圭(大橋和也)や鏑木悟(迫田孝也)だが、康介はそれよりも和泉と大和の関係が気になって仕方がない。居ても立っても居られない康介は和泉に、大和との関係を尋ねるが…。

 この山城大和を演じるのが、ドラマや映画などに出演するほか、“MORISAKI WIN”名義で歌手としても活動する森崎ウィン。「人事コンサルタントという役を演じるのは初めてなんですが、なかなか経験できない職業を演じられるのがこのお仕事の醍醐味(だいごみ)。YouTubeなどで研究してから撮影に臨みました」という森崎が、時には冷徹に見えるほどシビアに組織改革を進めようとする大和に息を吹き込む。

 「恋愛ドラマってライバルや得体の知れない謎の人物が出てきて『なんだこれは!?』という展開になることが多いんですけど、大和はちょっと面白いんです」となにやら思わせぶりに語る森崎。大和という人物について「康介の恋愛模様や成長物語の前に立ちはだかる“面白い壁”になっていると思う」というヒントも。果たして大和と和泉、2人の関係とは?


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.