News ニュース

亀梨和也が「正体」撮影現場で語った思い――「人と向き合う時は鏑木本来の人間性が消えていないようにしたい」2022/03/11

 WOWOWで3月12日に放送・配信がスタートする、KAT-TUN・亀梨和也主演の「連続ドラマW 正体」(土曜午後10:00)の初回放送に先駆けて、撮影現場のリポートが到着した。

 ドラマの原作は、デビューとともに第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞した染井為人氏の同名小説。亀梨と中田秀夫監督が大ヒット作となった映画「事故物件 恐い間取り」(2020年)以来の再タッグを組むミステリー。亀梨が演じる鏑⽊慶⼀は、ある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告される。しかし、移送中に脱獄した鏑木は、逃走しながらも潜伏先で出会う人々をさまざまな窮地から救っていく。さらに、黒木瞳、市原隼人、貫地谷しほり、堀田真由、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、音尾琢真、若村麻由美、高畑淳子、上川隆也ら多彩なキャストが脇を固める。

 2021年10月、朝からあるオフィスを借りての撮影が行われていた。「おはようございます」と言いながら入ってきた亀梨は、真っ白のスーツに金髪といういで立ち。インパクトのある扮装だ。亀梨が演じている鏑木が身分を偽り、フリーライター“那須隆士”と名乗って、WEB編集プロダクションのディレクター・安藤沙耶香(貫地谷)に初めて会うシーンだ。

 「ここまで明るい髪色にしたのは初めて。ブリーチをしたのも10年以上ぶりですよ。金髪姿が自分でもまだ見慣れなくて」と笑いながら、鏡の前で自ら髪を整えた亀梨は、応接室に入ると、“那須”の顔になった。

 女性向けサイトでライター兼ディレクターを務める安藤が、これまで仕事を頼んでいたライターの那須と初めて顔を合わせる場面。その美貌に安藤が思わずハッとするほどの、インパクトのある出会いだ。貫地谷もスタッフにあいさつをしながら部屋に入る。応接室のホワイトボードには、サイトの企画会議の記録がぎっしりと書かれており、いかにもWEBメディアの編集部という空気だ。

 亀梨は「ここは鏑木が(工事現場の作業員として潜伏する際の偽名)“遠藤雄⼀”から、“那須隆士”に変わる瞬間であり、視聴者にその変化を印象づけるシーンでもありますよね。芝居としては、沙耶香への視線をあまり強くしたくはないけれど、ちょっと相⼿を⾒ようとするような…。そういう雰囲気をまとった方がいいですかね?って貫地谷さんとも話しました。沙耶香が那須に対してビビッと感じるところでもあったので、『守りたい』と思ってもらえるよう、メークさんに美顔器をやってもらったんですよ(笑)」と明かす。

 演じる鏑木について、「うそをつかなければ生きられない鏑木って切ないですよね。その切なさはたぶん、『自分は何者でもない』っていう思いから来ているんだと思う。でも彼は人と会うたびに、相手とちゃんと向き合っている」と話し、「“遠藤”、“那須”などの人物設定はあるけれど、人と向き合う時は鏑木本来の人間性が消えていないようにしたい。少しでも彼の素顔を感じてもらえるように、最後まで丁寧に演じていきたいですね」と役づくりでの思いを真摯(しんし)に口にした。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.