News ニュース

濵田崇裕、亀梨和也主演「正体」に出演。「とにかく美形すぎました。本当にカッコよくて優しい先輩」2022/01/20

 KAT-TUNの亀梨和也が主演を務め、WOWOWで3月12日に放送・配信がスタートする「連続ドラマW 正体」(土曜午後10:00)に、堀田真由、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、音尾琢真、若村麻由美、高畑淳子が出演。物語の後半で死刑囚・鏑木慶一(亀梨)と出会い、救われ、葛藤していく人々を演じることが分かった。さらに、亀梨の金髪姿も解禁された。名前を“那須隆士”に変えてWEBライターとして潜伏する際の扮装で、自身のアイデアで地毛を染め上げるほどの熱演にも注目だ。

 ドラマの原作は、デビューとともに第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞した染井為人氏の同名小説。亀梨と中田秀夫監督が大ヒット作となった映画「事故物件 恐い間取り」(2020年)以来の再タッグを組むミステリーだ。亀梨が演じるのは、ある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告された主人公・鏑木。移送中に脱獄した鏑木は、逃走しながらも潜伏先で出会う人々をさまざまな窮地から救っていく。

 若村が演じる笹原浩子は、鏑木が名前を“久間道慧”に変え、アルバイトとして潜伏するパン工場のパートスタッフで、事件の唯⼀の目撃者である井尾由子の妹。何かと自身へ探りを入れる“久間”を警戒する。そんな浩子のパート仲間で、オレオレ詐欺の被害に遭う近野節枝を演じるのが高畑。詐欺の被害に肩を落とすも、“久間”が節枝に手を差し伸べる。

 堀田が扮(ふん)するのは、鏑木が名前を“桜井幸司”に変え、スタッフとして潜伏する介護施設「アオバ」の同僚・酒井舞。現在施設で療養している由子を気にかけ熱心にサポートする。同じく「アオバ」の社員である四方田保役を務めるのは濵田。「アオバ」の人気者になっていく“桜井”の働きぶりに感心する。

そして、音尾は執拗に鏑木を追い続ける刑事・又貫役を務める。又貫は執念の捜査で次々と鏑木を追い詰めていく。

 堀田は「台本をいただいて読み進めていくうちに自分にはない感情と向き合う必要性がある役柄だなと感じました。とても真っすぐで強く生きる彼女の言葉の真意をつかみたい、知りたい。その中で生まれた気持ちにしっかりと耳を傾けたいと思い出演を決めさせていただきました」と明かす。

 また、亀梨については「初めてお会いした日からたくさんコミュニケーションを取ってくださり、作品の輪の中に入りやすい環境を作ってくださいました。監督に相談している時もすかさず駆け寄って一緒に話を聞いてくださったり、誰に対しても平等で周りへの心配りがとても丁寧なお姿から、多くのことを学ばせていただきました。そして、亀梨さんの役に対する熱量に、私もついていかなければと奮い立たされる撮影期間でした」と振り返った。

 濵田は「豪華なキャストの皆さんと共演できる喜びと、亀梨くんとドラマ初共演でワクワクしました。お話を聞いたタイミングで台本もいただいたのですが、とても面白く、すぐに小説を買って読みました。ミステリーがもともと好きで、すぐに作品の世界観に引き込まれました。撮影初日からずっとワクワクしていたのを覚えています。『正体』に参加することができて、本当にありがたいです」と喜ぶ。

 亀梨に関しては、「共演させていただいた時に、小説の中でイメージしていた桜井くんというキャラクターのままで、すごくテンションが上がりました。ほかの名前の時のキャラを早く見たいです。とにかく美形すぎました。現場でもたくさん話しかけていただいたので、リラックスして撮影に臨めました。本当にカッコよくて優しい先輩です」と尊敬の念を口にしている。

 加えて「小説の実写化に携われることになり、とてもうれしく思います。さまざまな人との出会いの中で鏑木慶一という男がどのような人間なのかが分かってくるので、そういったところが見どころとなっております。たくさんの人たちに見ていただきたいです。僕も頑張っているので応援してください!」と呼び掛けている。

 音尾は「豪華なキャストの方々の中で重要な役回りを任せていただけるということで、心が引き締まりました。亀梨さんはとても気さくで紳士的な方で、休憩中は楽しくお話しさせてもらいました。作品と役柄にも全力で挑まれていて、すっかりファンになりました。執拗に、亀梨さん演じる鏑木を追い込んでおりますが、どうか嫌わないでください。生きることに真正面から向き合う人々の物語を楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.