News ニュース

亀梨和也、「正体」で脱獄する死刑囚に。信頼を寄せる中田秀夫と「事故物件」以来の再タッグ2021/10/28

 KAT-TUNの亀梨和也が、WOWOWで2022年の春に放送・配信される「連続ドラマW 正体」(日時未定)で主演することが分かった。大ヒット作となった映画「事故物件 恐い間取り」(20年)以来の再タッグを中田秀夫監督と組み、脱獄する死刑囚に扮(ふん)する。

 ドラマの原作は、デビューとともに第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞した染井為人氏の同名小説。亀梨はある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告された鏑木慶一を演じる。移送中に脱獄した鏑木は、逃走しながらも潜伏先で出会う人々をさまざまな窮地から救っていく。彼が指名手配中の死刑囚だと気が付いた時、「彼は本当に殺人犯なのか?」と救われた人々は疑問を抱き始める。なぜ彼は人を救うのか。それは罪を着せられたことへの復讐(ふくしゅう)のためなのか?

 亀梨は、自信のアイデアにより地毛を金髪に染めるなど、入念に役作り。劇中では名前や容姿を次々に変えていく、その“扮装”からも目が離せない。

 中田監督との再タッグに、亀梨は「現場では中田監督とすごくスムーズに意思疎通できているので、初めましてじゃない強みっていうのはすごく感じています。おこがましいかもしれませんが、中田監督とは信頼関係があると感じているので、僕も魂を全開にしていられるというのは、すごく居心地のいい現場だなと思っています」と手応えを明かす。

 今後発表される豪華共演者についても、「お名前を見るだけで震えるほど、僕のギアがいくつも入るぐらいの素晴らしい共演者の方たちから、たくさんのエネルギーをいただいているので、それをお芝居にしっかりと反映させたいです」と気合十分。

 そして、「僕が演じる鏑木慶一は、ある夫婦の殺人事件の犯人として死刑宣告を受けながら逃亡を図ります。姿と名前を変えながら全国を転々とし、行く先々でさまざまな人と出会い、関わり、何かを感じていきます。 鏑木慶一とは一体何者なのか。彼の“正体”、このタイトルの意味を考えながらドラマを楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールしている。

 一方、中田監督は亀梨に関して、「ぜひまたご一緒したいと即答しました。その理由は、『事故物件 恐い間取り』での、亀梨さんの、演じる役をできるだけ深掘りしようという真摯(しんし)な向き合い方、現場での私たちとの、クリエーティブな協働ぶりにほれぼれしたからです。撮影前に行うキャメラテスト(通常は代役を立てる)に亀梨くん自ら申し出てくれ、参加してくれたのにも感銘を覚えました。監督の求める演技を、一切迷わずに表現しようとしてくださる希有な俳優さんだと思います」と絶賛。

 また、「今回の『正体』では、脱獄した死刑囚という非常に特異な存在で、自分が何者かを変装などで必死に隠しつつ日本各地を転々とし、出会った人々と“人間的に”関わり合い、時として彼らの抱える問題を解決さえしてみせる。それゆえにひた隠すべき“正体”が暴かれそうになる…一見矛盾する行動を取る主人公ですが、彼は自身が置かれた過酷極まる境遇にもかかわわらず、現代日本人が忘れがちな、“他者への共感力”が非常に強い人物なのだと思います。決して単純明快に演じられる役ではないですが、亀梨さんは、主人公の鏑木が“正体”を隠す=見た目だけでなく、設定に合わせて、話し方や性格までも劇的に変化させていくのを、チャレンジしがいのあると楽しみにされているように感じます。それぞれの変装の高い質を追求し、各キャラクターをリアルに掘り下げて、『確かにいるな、こういう人』と視聴者の方々に納得していただく努力を亀梨さんと共にしたいと思います。その奥に、鏑木のヒューマンな“正体”がゆっくりと、でも鮮明に浮かび上がってくるような作品を目指したいと思います」と意気込んでいる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.