News ニュース

“森田剛×Shout”「心が動いていないと体にも伝わらない」孤高な男の静かな叫び2019/02/27

 本日発売の「TVガイドAlpha EPISODE S」で表紙を飾ったV6・森田剛。グループとしての活動と同時に、2005年以降コンスタントに舞台に立ち続け、俳優としてもひときわ精彩を放っている。今度3月9日からは、演出を手掛ける岩松了から熱烈なオファーを受けて、新作「空ばかり見ていた」に主演。まるでライフワークのように、森田を舞台へと向かわせるものは何か。ロングインタビューでは、孤高でクールなイメージを漂わせる森田とは真逆の“Shout=叫び”をテーマに掲げ、その静かにほとばしる情熱に迫った。

 取材中、自らを「感情が揺れることも、それを表に出すこともない。周りには理解されないけど、基本は“無”。叫ぶことなんてない(笑)」と語り、淡々と受け応えていた森田。だが、舞台の魅力に話が及ぶと温度が上がったように言葉にも力が込められていく。舞台には「自分から出すエネルギーと、受けるエネルギーがある。現場の熱量がすごくて、役者同士お互いをサポートしながら、稽古をしたうえで人前に出て演じる。その形が好き」と魅力を熱弁。特に今作を通じて「心が動いていないと体にも伝わらない」ものだと思い知ったという。稽古そのものは「共演者にもスタッフにも見られていて、“恥かき大会”みたいで嫌(笑)」と言いつつ、「恥をかくのは怖いけど、やってみないと見えてこない。だから、できるだけ、さらけ出す」と本音と信念を明かした。

 さらに今号では、昨年華々しくデビューしたKing&Princeが2019年最初のシングルリリースを前に登場。今作から休養中の岩橋玄樹が一部活動を再開することが発表されており、あらためて個々の力とグループ6人の力について、それぞれの思いを語り合う。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.