News ニュース

松本潤が本番中にもらい泣き!?「となりのチカラ」第5話はシリーズ最大の感動回2022/03/03

松本潤が本番中にもらい泣き!?「となりのチカラ」第5話はシリーズ最大の感動回

 松本潤が主演を務める、テレビ朝日系連続ドラマ「となりのチカラ」(木曜午後9:00)は、本日3月3日に第5話を放送。主人公・中越チカラ(松本)の一家と同じマンションに住む謎多き青年・上条知樹(清水尋也)の過去がついに明らかになる。

 本作は、思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前な主人公・中越チカラ(松本)が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決していく姿を描く社会派ホームコメディー。遊川和彦氏が脚本を手掛け、チカラの妻・灯役に上戸彩、隣人役に松嶋菜々子、小澤征悦ら豪華キャストが名を連ねる。

 チカラたちが引っ越してきた当初から、連続幼児誘拐事件の容疑者・少年Aだといううわさがあった上条だったが、ついにそれがSNSで拡散されてしまい、マンション中が騒然となる。そんな中、チカラは管理人の星譲(浅野和之)から“マンションのリーダー”として「上条に直接確認してみてほしい」と頼まれる。

 タイミングをうかがううちに、感情を表に出さない無表情で上条が本当に連続殺人犯に見えてきてしまい、あれこれ考えを巡らせ、心ここにあらずなチカラ。そんな灯と娘の愛理(鎌田英怜奈)はあきれ顔だ。「ご近所のことに首突っ込んでいい気になってると痛い目見るよ」と忠告されてしまう。

 2人きりになったタイミングに意を決して聞いてみると、返ってきたのは「入ってました、少年院」という衝撃的な答えだった。チカラは迷いながらも上条の返答を星に伝えるが、その答えを聞いた星は明らかに顔色を変え、なんと上条の部屋のゴミを漁り始める。上条の過去、星の思いつめた表情が気になって仕方ないチカラ。やがてマンション住人だけでなく決まりかけていた就職先までもが上条を拒絶し、なんとかできないかと思っていた矢先、星が上条に対してとんでもない行動に出る。

 少年Aではないかと疑われる上条に隠されていた悲しい過去とは? そして、マンション住人たちを見守りながらも怪しい行動が散見されていた星にも、ある衝撃的な過去が隠されていることが判明する。すべてが明らかになったとき、チカラとマンションの住人たちはどんな行動を起こすのか?

 松本も思わず本番中、泣き出しそうになったというラストシーンは必見。涙なしでは見られない、シリーズ最大の感動回になりそうだ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.