News ニュース

「必殺仕事人」シリーズ初の公式Twitterが開設!撮影裏話やスペシャル企画が続々2020/06/16

 6月28日にテレビ朝日系で放送される、東山紀之主演の時代劇シリーズ最新作「必殺仕事人2020」(午後9:00=ABCテレビ制作)。放送に先駆けて、シリーズ初となるTwitterの公式アカウント(https://twitter.com/hissatsu_series)が開設された。

 公式アカウントでは、京都で行われた撮影の裏側や、現場でのエピソード、気になる小道具の秘密やこだわりの撮影方法など、ファンにはたまらない内容をたっぷり紹介していく。さらに、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見らおなじみのレギュラー陣はもちろん、シリーズ初登場となる市村正親をはじめ、杉本哲太、杉野遥亮、森川葵らゲスト陣のとっておきのエピソードも掲載。シリアスな作品の内容とは打って変わって、笑いの絶えない和気あいあいとした現場の雰囲気や出演者の素顔などをオフショットも交えて伝えていく。

 「必殺仕事人」シリーズは、これまでのその時代の世相を切り取ってきたが、最新作では江戸時代版“オレオレ詐欺”が横行している様子が描かれる。この卑劣な犯行に歯止めをかけるため、同心・渡辺小五郎(東山)らが勤める本町奉行所に、奉行・湯川伊周(市村)と湯川の右腕でもある与力・田上誠蔵(杉本)が赴任してくる。

 そんな時、小五郎はまんじゅうを盗んで逃げる少女・つゆ(古川凛)に出くわし、なぜかすっかり懐かれてしまう。つゆは、住み込みで働きに出ている母・たけ(森川)が迎えに来てくれる日を心待ちにしていた。

 一方、水茶屋で酒を飲んでいた経師屋の涼次(松岡)は、自分の店を持って娘と暮らすために働いているという、たけの話に耳を傾けていた。また、たまたま誠蔵の家で庭師として働いていたリュウ(知念)は、引きこもりの息子・田上新之丞(杉野)と知り合い、いつしか友情が芽生える。だが、溝端九右衛門(駿河太郎)が興した「新生塾」という若者に多様な生き方を説く私塾に入り、無条件で溝端に心酔していく新之丞の様子に不安も感じる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.