News ニュース

松岡昌宏“ミタゾノさん”がエンディングでHey! Say! JUMPの新曲に合わせて初ダンス!2020/04/17

 テレビ朝日系では、4月24日から松岡昌宏主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)の第4シリーズがスタート。エンディングで、Hey! Say! JUMPが歌う主題歌「Last Mermaid…」に合わせ、松岡が“ミタゾノさん”こと三田園薫に扮(ふん)した姿で、華麗なジャンプ&ターンを披露する。

 同作は、女装した家政夫のミタゾノさんが、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。2016年10月に第1シリーズが放送され、18年4月に第2シリーズ、19年4月に第3シリーズが放送されている人気シリーズだ。

 今回、シリーズ4作目にして初のダンスを披露するエンディングで、息の合った“群舞”(?)を見せる「むすび家政婦紹介所」の面々。ミタゾノさんの相棒・村田光を演じるHey! Say! JUMPの伊野尾慧をはじめ、今シリーズから新人家政婦として加入した霧島舞役の飯豊まりえ、阿部真理亜役の平田敦子、式根志摩役のしゅはまはるみ、そして「むすび家政婦紹介所」の所長・結頼子を演じる余貴美子が、それぞれ曲に乗ってオリジナリティーあふれるダンスを見せる。

 そして、その中心にして最後方で一際目を引く動きを見せるミタゾノさんは、おなじみの白いブラウスと黒いスカート姿で、長い髪を振り乱しながら抜群にキレのある動きを連発。クライマックスでは華麗にジャンプ&見事なターン。まるでダンス経験があるかのような熟練の技を見せる。さらに、アイドルを目指して見習いをしながら片手間に家政夫業に勤しむ光役の伊野尾が見せる、キラキラの現役アイドルでありながらアイドル見習い風のダンスにも要注目だ。

 ちなみに、エンディング曲の「Last Mermaid…」は、あの“ミタゾノ”がHey! Say! JUMPのために特別に書き下ろした新曲となっており、人魚姫をモチーフに、震えるほど切ない恋物語を歌ったラブソング。グループショットに、ソロショット、3人ずつに分かれてのショットと、さまざまな角度から楽しめるエンディングとなっている。

 第1話は、街中でゴミ拾いをしながらランニングに勤しむ三田園のもとに「むすび家政婦紹介所」の所長である頼子から招集の電話がかかるところから始まる。脱税疑惑をかけられ、一時は業務停止に追い込まれていた「むすび家政婦紹介所」だが、事務所を移転し、頼子のおい・光、阿部、式根に新人家政婦の舞を加え、無事に業務を再開していた。

 依頼人の家へと向かった光と舞。そこは次期環境大臣に内定している“Mr.クリーン”こと議員の岩瀬和夫(尾美としのり)の自宅だった。大臣就任を前に、妻・美紗子(渡辺真起子)と息子・浩一(細田佳央太)にも「クリーンでいること」を求める岩瀬。そんな中、浩一から車で接触事故を起こしてしまったと電話が。事故直後のドライブレコーダーには、車から降りてくるコワモテの男性が映っており…!? やがて美紗子と浩一の知られざる顔が明らかになっていく。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.