News ニュース

WATWING・髙橋颯、Break Through・吉田涼哉が「DCU」にレギュラー出演2022/01/13

 髙橋颯と吉田涼哉が、TBS系で1月16日にスタートする連続ドラマ「DCU」(日曜午後9:00)に出演することが分かった。

 阿部寛が主演を務める本作は、水中の捜査に特化した架空の組織・DCU(Deep Crime Unit=潜水特殊捜査隊)を舞台にしたオリジナルのウォーターミステリー。海上保安庁に新設されたDCUは、水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団で、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な、危険極まりない日本全国の河川や湖など、あらゆる水中に潜り、隠された証拠を探して事件を解決。“水中未解決事件を解明すること”が、彼らのミッションとなる。DCUの隊長・新名正義を阿部、新名とバディを組む隊員ダイバー・瀬能陽生を横浜流星が演じ、そのほか、中村アン、山崎育三郎、趣里、高橋光臣、岡崎体育、有輝(土佐兄弟)、春風亭昇太、市川実日子と多彩な面々が顔をそろえる。

 本作は、世界的なヒットドラマ「ホームランド」などを手掛ける総合メディア会社「ケシェット・インターナショナル社」および、カナダを中心に世界市場に向けた革新的なテレビシリーズの開発・制作・配信を手掛ける制作会社「ファセット4メディア社」と共同制作するオリジナルドラマとなる。世界的なヒット作を生み出す両者とTBSがタッグを組むことで、日本国内のみならず海外展開も視野において制作される。

 男性ダンス&ボーカルグループ・WATWING(ワトウィン)のメンバーで、ミュージカルで主演を務めるなど期待の若手俳優の髙橋が演じるのは、二等海上保安士でDCUサイバー班・神田瑠璃(趣里)の部下・北川皆平。上司の瑠璃は、サイバー能力が随一で、新名から絶大な信頼を置かれている。北川は、そんな瑠璃を部下としてサポートする役どころとなる。

 髙橋は「憧れの『日曜劇場』ということで、最初にお話をいただいた時はうれしさとともに緊張と不安でいっぱいでした。撮影初日は緊張でガチガチでしたね(笑)。しかし、温かいキャストやスタッフの皆さんのおかげで、毎回楽しく撮影に臨んでいます! 素晴らしいキャストの皆さんとご一緒できて、毎度勉強になることばかりです」と声を弾ませる。

 そして、「DCUサイバー班として、事件解決に向けて瑠璃さんを全力でサポートし、成長していく北川の姿にぜひ注目してください! 僕自身もこの作品を通じて、北川と一緒に大きく成長していけるように頑張ります!!」と意気込みを語っている。

 また、吉田は音楽ユニット・Break Through(ブレイク☆スルー)のメンバーで、ダンスやアクロバットで鍛えた肉体を誇る若手俳優。昨年4月に放送された同局の「リコカツ」で地上波連ドラデビューを果たし、本作が連ドラのレギュラー出演2作目となる。そんな吉田が演じるのは、警視庁公安一課の若手刑事・青山薫。山崎演じる先輩刑事・清水健治とコンビを組み、水を中心とするDCUの捜査とは別の方向から事件を追いかける。清水と常に行動を共にしているため、お互いを利用し合う清水と新名の間柄もよく知っているという役柄だ。ダイバー役ではないが、小型船舶免許を持ちマリンスポーツが趣味だという吉田は、このドラマにぴったりといえそうだ。

 吉田は「今回こんなすてきな作品にお声掛けしていただき、驚きとうれしさで最初は本当に信じられなかったのですが、本当に光栄で身の引き締まる思いです」と出演への喜びを語る。

 「僕は普段、ブレイク☆スルーというグループで主に音楽活動をしています。俳優活動も並行している中で、今回公安部の刑事を演じさせていただくのですが、いつか絶対に刑事役をやってみたいと思っていたので、とても気合が入ってます!! そして山崎育三郎さん演じる清水さんとコンビを組ませていただくので、勝手ながら清水と青山が名(迷)コンビになればいいなと思っています!!(笑)。DCUメンバーに負けじとストーリーを盛り上げていきたいと思います!!」と意欲満々。

 続けて「『DCU』という大きなプロジェクトに参加させていただくので、まだまだ微力ですがいろいろ吸収しながら全力で青山薫を演じ、見てくださる皆さまにワクワク、ドキドキする時間をお贈りできるよう精いっぱい頑張らせていただきます!!」と張り切っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.