News ニュース

木下半太が仕掛けるミステリー「クレイジーレイン」でD-BOYSの荒木宏文、陳内将、前山剛久、中尾暢樹が初共演2020/06/13

 ABCテレビは7月から、3カ月連続でオリジナル新作ミステリー“ステイナイトミステリー”を放送。第1弾として、荒木宏文、陳内将、前山剛久、中尾暢樹が出演し、脚本・監督を木下半太氏が務める「クレイジーレイン」が決定した(ABCテレビ=7月5日スタート 日曜 午後11:25/テレビ朝日=7月11日スタート 土曜 深夜2:30)。

 荒木、陳内、前山、中尾はミュージカル、舞台、映画と幅広い活躍を見せる俳優集団・D-BOYSに所属しているが、今まで共演経験はなく、今回が初共演。荒木は「獣拳戦隊ゲキレンジャー」(テレビ朝日系)出身でミュージカル「刀剣乱舞」でも活躍。陳内は「特命戦隊ゴーバスターズ」(テレビ朝日系)や舞台「A3!」に出演。前山は「仮面ライダーウィザード」(テレビ朝日系)、中尾は「動物戦隊ジュウオウジャー」(テレビ朝日系)で主演を果たすなど、それぞれが特撮、2.5次元舞台で活躍している。

 ドラマは、刑事としては最低の“隠し事”をしている4人の刑事が、ある殺害事件の現場となったライブハウスに集まり張り込みをしていく中で、お互いの秘密を知ってしまい、その結果、殺すか殺されるかの騙し合いと駆け引きへと発展していくミステリー。

 最年長の落ちこぼれ刑事・井口を演じる荒木は「ワンシチュエーションで行われた舞台が原作のこの作品を、映像化できることでどういう作品になるのかとても楽しみです。また、役者としてもとても楽しめる役を頂き演じられるのがとても楽しみです。精いっぱい努めまいりますのでどうぞご視聴くださいませ」」とコメント。

 また、陳内は借金まみれのギャンブル好き刑事・渡辺を演じる。渡辺は同じ事務所メンバーとの初共演を喜びつつ、「私、木下半太さんの隠れファン歴10年越え、顔合わせに半太さんの著書を持っていくくらいなのです!…すみません、気合が前に出過ぎました。この勢いを保ち、すてきな作品を全員で作り上げます!」と熱い思いを披露した。

 一方、無気力な女好きの関西弁刑事・今江を演じる前山は「この作品はたった4人の登場人物で、最初から最後まで作られる芝居。舞台演劇に近い内容です」と紹介。「荒木さん、陳内さん、僕、暢樹。4人のチームワークはバッチリ! そこに木下半太監督の魅力あふれる脚本・演出が加わり、終始見ていて、飽きない作品になること間違いなしです!!」とアピール。

 そして、生真面目で堅物な刑事・清田を演じる中尾は「一人一人特徴のある役柄で僕もガンガンエネルギーを出して、この作品が終わる頃には燃え尽きたいなあと思っています。ストーリーは話が進んで行くにつれ、いろんな伏線や隠された真実が解き明かされていくので、見ている皆さんはハラハラしながら見てくれたらうれしいです! 楽しみにしていてください」と意気込みを語るとともに、見どころを明かしている。

 さらに、木下氏は「全国のライブハウスで芝居したい! そんな思いで作った作品が、今のこんな時期にドラマになることに何か運命的なものを感じます。刺さります! ぜひ見てください!」と力を込めて語っている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.