News ニュース

キンプリ・神宮寺勇太の「名所から一番近い家」ゴールデンSP第2弾! 奄美大島でロケ敢行2021/12/22

 テレビ朝日系では2022年1月17日に「名所から一番近い家」(時間未定)を放送。King & Princeの“国民的彼氏”こと神宮寺勇太の初単独MC番組として2020年1月にスタートした同番組の、通算5回目にして第2弾となるゴールデンスペシャルが実現する。

 日本全国に点在する“名所”から一番近い家に住んでいるのはどんな人々なのか? 番組では、名所から一番近い物件だけを扱う不動産会社が、選りすぐりの物件を紹介していく。これまで、出雲大社や成田空港の滑走路、京都にある日本三景・天橋立、日本の先っぽ・北海道の宗谷岬、日本最南端の有人島・波照間島、与那国島の日本最西端の碑など、さまざまな場所から、一番近い家とそこに住む人々の様子を伝えてきた。

 今回神宮寺が訪れるのは、2021年7月に世界自然遺産に登録されたばかりの鹿児島県・奄美大島。手つかずの自然が多く残り“東洋のガラパゴス”とも呼ばれる奄美大島で、都会では決して見ることのできないマングローブ原生林や、“嘉鉄ブルー”と呼ばれる真っ青な海が一面に広がる嘉鉄湾から一番近い家に住む人々が、どんな人物で、どんな暮らしをしているのかを調査し、おなじみの神宮寺リポートで届ける。

 初めて見る奄美大島の大自然に、神宮寺は「本当に海外に来たかのような景色で、なかなか海外に行けない今だからなおさら、『日本にもこういうところがある』ということを知ることができました。マングローブ原生林も嘉鉄湾も、日本じゃないみたいで。“マングローブ”といえばミッツ・マングローブさんしか知らなかったので、とても勉強になりました(笑)」と感激。

 さらに、今回のロケは1人ではなく俳優の高橋克典が同行することに。「克典さんはロケ中も空き時間もたくさんお話してくださって、僕のことを温かく見守ってくださいました。僕もああいう大人の男性になりたいな、と思いましたね」と、高橋のスマートな立ち居振る舞いに魅了された様子だ。

 そして「今回の『名所から一番近い家』も楽しくロケをさせていただきました。ほかの名所にもいろいろな方がロケに行ってくださっていると聞いています。そして、僕の“友達”もロケに参加してくれたと聞いたので、スタジオ収録でVTRを見るのが楽しみです!」と期待を寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.