News ニュース

橋本陽菜、石綿星南らAKB48メンバーの萌えセリフ&自撮り動画に胸キュン!2021/12/22

 BS日テレでは12月29日に「AKBINGO!NEO」(深夜0:00)を放送。AKB48の人気ゲームアプリ「AKB48 のどっぼーん!ひとりじめ!」のイベントで番組への出演権を勝ち取った、橋本陽菜、石綿星南ら16人のAKB48メンバーが登場する。

 メンバーがさまざまなお題に沿って、見ている人がキュンキュンするセリフを披露する番組の名物企画「Kyun-1(キュンワン)グランプリ2021」を開催。ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスがMCを務め、ゲストMCとしてジャングルポケット(太田博久、おたけ、斉藤慎二)が参加し、メンバーを審査していく。

 「一言で仕留めろ!一撃胸キュン!」では、「初めてのデートの別れ際、男子が帰りたくなくなる一言」に挑戦。トップバッターの岡部麟からは、帰り際のキスを想像させるような一言が飛び出し、早くもスタジオは騒然。おたけが考案した「仕事と俺、どっちが大事?」のお題では、向井地美音の意外な言葉に「付き合ってる気持ちになれる」「初夢はこれにしたい」と一同大興奮となる。さらに、20歳以上のメンバーがちょっと大人のお題に挑む「大人の胸キュン」では、「高校の同窓会で男子がドキッとするちょっと酔っちゃった元クラスメイトの一言」をテーマにアイドルの限界ギリギリに挑戦する。

 岡田奈々は「私が以前『Kyun-1グランプリ』に出た時は、48の姉妹グループさんがすごく強かった印象があります。AKB48だけでこの企画をやるのが私は初めてだし、今のメンバーが萌えセリフを言っているのはあまり聞いたことがなかったので、今回はみんなのお芝居のうまさにまず驚きました。それから、一人一人がすごく攻めたキュンセリフを言ってるので、ちょっとドキッとしちゃいました(笑)」と楽しんだ様子。続けて「岡部麟ちゃんはもう名演技、名女優! りんりんVS全員でやった方がいいっていうぐらい勝てないです(笑)。個人的にはずっき―(山内瑞葵)も好きでした。ピュアなセリフから20歳ならではのセリフまで振り幅がすごかったです!」と見どころを伝える。

 向井地も「胸キュンセリフには苦手意識もあったくらいなんですが、ほかのメンバーたちが実力者で本当にびっくりしました。後輩メンバーも多かったので、みんながこんな力を隠し持っていたのを初めて知ってすごく楽しかったです」とうれしそうで、ジャングルポケットとの共演には「めちゃくちゃ面白かったです! ずっとテンションが高いし、斉藤さんはひな壇にしか聞こえないくらいの声で面白いことをずっとしゃべってくださって。メンバーもジャングルポケットさんのおかげでテンションがどんどん上がって収録できました。笑いすぎて、収録が終わってからもほっぺたが痛いです(笑)」と感謝した。

 さらに、新企画「胸キュン!自撮り動画バトル」では、メンバーそれぞれが自撮りで撮影してきた胸キュン動画を公開。風呂上がりの設定で「本当にお風呂上りに急いで撮りました!」という岩立沙穂の動画には、メンバーからも「ヤバい! ヤバい!」と声が上がる。「おやつタイム」をテーマにした石綿の王道アイドルらしい動画のほか、小栗有以のまさかの展開には爆笑が巻き起こる。私服や部屋着でのプライベート感満載&激レア動画の数々は必見だ。

 そして、番組恒例のスタジオライブでは、AKB48の58枚目のシングル「根も葉もRumor」を披露。今回は「AKB48のどっぼーん!」ランキング上位16人に、17位の小田えりな、19位の吉川七瀬を加えた18人のスぺシャルバージョンでおくる。AKB48史上最も難しいといわれる今回のダンス。選抜以外のメンバーにとってはテレビ初のパフォーマンスとなる。加えて、その貴重なリハーサルの様子も公開される。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.