News ニュース

空気階段、シソンヌ、サーヤら「ドラフトコント2021」候補芸人20人が決定2021/11/12

 フジテレビ系で11月27日放送の土曜プレミアム「ドラフトコント2021」(午後9:00)に出場するドラフト候補芸人2人が決定した。

 番組では、2021年のお笑い界を代表する5人の芸人が、一緒にコントをやりたいと思う芸人をドラフト制で指名。ドラフト終了後に出来上がったチームで一からコントを作り、観客の前で披露する。さらに、最終的にどのコントが最も優れていたのかを決める。各チームのキャプテンを務めるのは、小峠英二(バイきんぐ)、大悟(千鳥)、春日俊彰(オードリー)、又吉直樹(ピース)、山内健司(かまいたち)。

 発表されたドラフト候補芸人は、あんり(ぼる塾)、池田一真(しずる)、おいでやす小田、大久保佳代子(オアシズ)、加賀翔(かが屋)、サーヤ(ラランド)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、嶋佐和也(ニューヨーク)、じろう(シソンヌ)、鈴木もぐら(空気階段)、せいや(霜降り明星)、西村瑞樹(バイきんぐ)、長谷川忍(シソンヌ)、丸山礼、水川かたまり(空気階段)、向井慧(パンサー)、森田哲矢(さらば青春の光)、盛山晋太郎(見取り図)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、和田まんじゅう(ネルソンズ)。

 「キングオブコント」でチャンピオンとなった空気階段やシソンヌ、「M-1グランプリ2018」チャンピオンの霜降り明星・せいやなど賞レースの王者や人気芸人が多数参戦。さらに、各チームのキャプテン5人よりも芸歴が長い、大久保佳代子や小峠の相方・西村の名前もあり、多彩な面々だ。

 ドラフト終了後、出来上がったチームに与えられたネタ作りと練習の期間は1カ月。各チームは1カ月後、観客と審査員の前でその日限りのユニットコントを披露し、チャンピオンを決定する。審査員は、ヒロミ、小池栄子、内田篤人、鷲見玲奈、田中樹(SixTONES)、朝日奈央。豪華審査員が、ドラフト制で結成したチームという今までにないシステムで結成されたチームのユニットコントを審査する。

 空気階段・鈴木は「大悟さんのチームに選ばれたいと思っています。大悟さんには飲みに連れていっていただいたこともあり、タバコも買っていただいたこともあります。われわれは、酒とタバコの恩は一生忘れません。絶対に優勝して、屋形船で打ち上げをします!」と気合十分。相方の水川は「『キングオブコント』が終わって急にオファーされたんですが、どうやらとてつもなくデカい番組だということに気付きました…。まだ企画もよく理解していないんですが、『キングオブコント』で褒めていただいた山内さんにお近づきになりたいです」とプレッシャーを感じている様子。

 ベテランの大久保は「私を欲しがってもらえるなら、誰のチームに選ばれても大歓迎です! 現実感のあるものよりも異次元、異空間など独特な世界観のコントがしてみたいです!」と期待。バイきんぐ・西村は「何色にでも染まれますが、あまりユニットコントをやった回数がないので、勝手にアドリブを言ったりする人が出てくるとアタフタしてしまうかもしれません。できればチーム小峠にドラフトで選ばれたいです」と相方へラブコールを送っている。

 シソンヌ・じろうは「汗がかける楽しいコントがしてみたいです。日本を、そして世界をこの番組で変えたいです」、長谷川は「とても光栄な番組に呼んでいただき有り難いです。これをきっかけに“ツッコミに困ったら長谷川だ!”という流れになるように頑張ります」と面目躍如を誓う。 

 霜降り明星・せいやは「こういう番組を待っていました! クレージーキャッツやザ・ドリフターズが大好きでこういう集団コントに憧れていました。令和のクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズを目指したいと思っております!」とレジェンドたちを引き合いに出し、若手の実力派であるかが屋・加賀は「「夢のような機会なので自分にできることを精いっぱいやって、終わった後にキャプテンに“いい味出してたなあ”と言ってもらいたいです! 頑張ります!」、ラランド・サーヤは「深夜食堂の店主など、哀愁のあるコントがしてみたいです。これを機に映画のお話が来たらいいなと思っております!」と野望も明かしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.