News ニュース

日向坂46・富田鈴花&松田好花&渡邉美穂が東京03とコントに挑戦!「私たちまで勝手に面白くなって、コントの魔法にかかっている」2021/10/19

 日向坂46の富田鈴花、松田好花、渡邉美穂が、日本テレビで10月24日に放送される、東京03(豊本明長、飯塚悟志、角田晃広)の冠コント番組「東京03とスタア」(日曜午後1:45、関東ローカル)にゲスト出演する。

 同番組は、東京03と毎回異なる“スタア”なゲストがコントで共演するバラエティー。企画・演出は「ゴッドタン」(テレビ東京ほか)などを手掛ける佐久間宣行氏、「有吉の壁」(水曜午後7:00)などを手掛ける同局の橋本和明氏の2人が担当している。

 今回“スタア”として登場する富田、松田、渡邉の3人。富田、松田、飯塚が働くカフェにアルバイトとして入ってきた角田。渡邉はそんな角田の娘役として現れ、そこに、角田の元上司であると豊本が客としてくるのだが…。脚本は秋山寛貴(ハナコ)が担当。3人と東京03が共演したコントの結末はいかに?

 富田は「アイドルを4年間やってきて初めてのことも少なくなってきたんですが、コントをするのは初めてだったので、とても楽しみでした。コントの始まりの部分に同じカフェの同僚の松田との掛け合いがあるので、2人の関係やカフェの空気感を大事にしたくって何度も練習していました」と明かし、「収録の時、アドリブで入れた“ぴえん”のポーズを角田さんが取り入れてくださり、角田さんがやる“ぴえん”はとてもかわいい感じでした。コントの面白さはもちろんですが、家族愛の部分もあるので、ぜひ楽しんでください」とアピール。

 「台本をいただいた時に、こんなにセリフをいただいていいのかとビックリしました。その分、絶対いい作品にしたいと思いました。本番までに3人で練習したのはもちろんですが、自分以外のセリフもすべて自分で読んで録音したものを聞きながら、間とかの練習をしていました」と準備万端で撮影に臨んだ松田は、「収録の時は、空き時間に東京03の皆さんから『一緒に練習しよう』と言ってもらえたので、とても優しくてうれしかったです。本番の時の東京03の皆さんのアドリブに対する掛け合いの反応がすごすぎて、笑いをこらえるのが大変でした」と振り返る。

 渡邉「東京03の皆さんのコントで『わたなべみほ』というアイドルが出てくるコントがあって、いつか東京03の皆さんに会いたいと思っていたので、しかもコントが一緒にできるなんてとてもうれしいです」と感激し、「私は角田さんの娘役だったので、ずっと角田さんをお父さんだと思いながら愛情を湧かせて見つめていました。本番では私たちのセリフに対してすごい“間”でセリフを入れてもらっていたので、私たちまで勝手に面白くなった感じで、これはコントの魔法にかかっているなって思いました。このテンポ感を楽しんでほしいと思います」と見どころを伝えている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.