News ニュース

小池栄子が相葉雅紀の母親役で「和田家の男たち」に出演2021/09/28

 テレビ朝日系で10月22日からスタートする、相葉雅紀主演の連続ドラマ「和田家の男たち」(金曜午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)に、小池栄子、石川恋、駒木根隆介、岡部たかし、宮澤美保、潤浩が出演することが分かった。

 ドラマは、息子・優(相葉)がネットニュース記者、父・秀平(佐々木蔵之介)がテレビ局報道マン、祖父・寛(段田安則)が新聞記者と、3世代が異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”の和田家を舞台に、男だらけの家族が織り成す異色のホームドラマ。脚本を担当するのは、「長男の嫁」(TBS系)や「ふたりっ子」(NHK)など数々のホームドラマを手掛けてきた大石静氏。男ばかりの“令和の家族の姿”を描き出す。さらに、大石氏ならではの、テンポのいい会話劇も大きな見どころの一つ。3人の男たちが突然一緒に暮らすことになったきっかけ、そして優の亡き母の死の真相にも、ある秘密が隠されているようだ。

 優はひょんなことから、20数年ぶりに寛と再会。さらに疎遠になっていた秀平に「一緒に住まないか」と提案されたことで、なぜか3人は一つ屋根の下で一緒に生活することに。15年勤めた会社がコロナ禍で突然倒産し、デリバリー配達員を続けながら和田家の家事全般を担っていたある日、大学の後輩のつてでネットニュース編集部の記者として記事を書き始めることになる。

 小池が演じるのは、優の母・りえ。優が10歳の時に同じ報道ニュース番組の後輩で、7歳年下だった秀平と再婚したりえだったが、翌年取材中の事故で急逝してしまう。りえ亡き後も、血のつながらない父と息子として優と秀平は一緒に暮らしていた。りえは亡くなった今もなお、和田家の男たちそれぞれの秘密に関わり、彼らの運命を握る女性としてシンボリックに登場し、思わぬ波乱を起こしていく。

 久々の同系連続ドラマへの出演となる小池は「まずキャストの方と役柄の設定を拝見して『絶妙にバランスがいいな!』と感じました。相葉雅紀さん、佐々木蔵之介さん、段田安則さん、お三方とも個性的でありながらそれぞれにタイプが違って、だけど、『あ、この3人は家族なんだ』というのを感じられる箇所も要所要所にあって…。そこに面白さを感じましたし、この家族と関われることをうれしく思っています」と喜ぶ。

 続けて「私は“回想”という形での登場なので、ちょこちょこと出てくる役なのですが、監督もとても丁寧な演出をされる信頼できる方で、実は『もっと出たいな』って思っているところです(笑)」と明かし、相葉については「随分前に医療もののドラマでご一緒したのですが、“つかみどころのない役者さん”というイメージ。本心を見せないようなお芝居や、話を聞いている時などの“受けのお芝居”がとてもお上手なんですよね。今回は共演シーンがないかもしれませんが、私自身もしっかりと、大人になった優にもつなげられるようなお芝居をしたいと思います。男同士の親子ならでは会話や、ミステリー要素なども楽しみながらご覧いただけたらうれしいです」と期待を寄せている。

 そして、石川が演じるのは、優が勤めることになるネットニュース「バズとぴ」編集部の編集者・志麻さと美、さらに、潤浩が優の幼少期、駒木根が「バズとぴ」編集部の同僚で優のことを何かと気にかけてくれる事務職のおじさん・印田吾郎、岡部が秀平の右腕として報道番組「フロンティアニュース」を支えるデスクの滝口剛、宮澤が同じく「フロンティアニュース」のスタッフで秀平に密かな思いを寄せるディレクターの井上智子に扮(ふん)する。

 同系ドラマには初のレギュラー出演となる石川は「今回は相葉雅紀さんをはじめ、ほとんどのキャストの皆さまと初共演です。楽しみな半面、今はまだ緊張していますが、キャストやスタッフの皆さまとたくさんコミュニケーションを取りながら、そして、先輩方の背中を見て勉強させていただきながら、すてきな作品の一部となれるよう志麻さと美を全うしていきたいと思います! 佐々木蔵之介さんとは3年前に親子役で共演させていただき、とてもお世話になりました。今回お芝居をご一緒できるシーンがあるかどうかはまだ分かりませんが、もしその機会があるとしたら、以前よりも成長した姿を見ていただけるように頑張りたいです」と意気込む。

 駒木根は「『和田家の男たち』は台本が本当に面白くて、早く次の本が届かないかなー、と一読者のような気持ちでいます。まさに現在進行形の今、この時代を登場人物たちと共有できている感覚で読んでいます。意気込むと固くなっちゃうので、意気込みつつ、なるべく自然体で自分の言葉にできればと思っています。皆さん、オンエアを楽しみにしていてください! 僕も同じくらい楽しみにしています」と声を弾ませる。

 岡部は「このドラマには家族が食事を囲み団らんするシーンがたくさんあります。コロナが長引く今だからこそ家族が食事を囲み団らんするという一見普通のことが胸に響いてジーンとしました。僕の役は報道テレビマンで、真実を伝えるために奮闘します。それゆえ(同系の)『報道ステーション』から続けて見ていただければより楽しめるかと存じます! 意気込みすぎると空回って、しょーもないやっちゃと思われるので、意気を隠してええあんばいで挑みたいと思います」と心構えを明かした。

 宮澤は「なんといっても“和田家の男たち”の会話がとても興味深く、魅力的で、あの御三方を想像しながら読むと、最初からニヤニヤが止まりませんでした。私の役は報道番組のディレクターなのですが、テレビ局の報道ということで、普段のドラマ撮影とは違うスピードと緊張感があって、初めて撮影に参加した日はクタクタになりました。早く涼しい顔でこなせるように頑張りたいです。このドラマは、コロナ禍の今を生きている人たちのお話です。何かと窮屈な毎日ですが、共に泣いたり笑ったりして、和田家の男たち(とその周りの人たち)を応援していただけたらうれしいです」と役どころに触れ、本作の魅力を伝えている。

 名子役として名高い潤浩は「優は僕と同じ年なのに、家のことを全部1人でやっていてすごいなぁ、と台本を読んで思いました。相葉雅紀さんの幼少期を演じるので、大人になった時の優につながるように、頑張りたいと思います! 初めてお会いした相葉さんはとてもかっこよくて、優しかったです。でも緊張してしまってあまりお話ができませんでした。素晴らしいキャストの皆さんばかりで、内容にもいろいろな展開があるので、楽しんでもらえると思います! 皆さん、ぜひ見てください」と元気にアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.