News ニュース

「24時間テレビ44」東京五輪女子バスケットボールの銀メダリスト・林咲希が第9走者として笑顔でスタート2021/08/22

 日本テレビ系では2日間にわたって「24時間テレビ44『愛は地球を救う』」(8月21日午後6:30~22日午後8:54)を生放送。メインパーソナリティーをKing & Prince、チャリティーパーソナリティーを菅野美穂、スペシャルサポーターをチョコレートプラネットが務め、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画をおくる。昨日21日には、同系の人気バラエティー番組「世界の果てでイッテQ!」に出演する女性芸人たちが全国の合唱強豪校と中島みゆきの名曲「時代」を生披露する姿や、平野紫耀が主演したスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」などが届けられた。また、「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」では、第1走者の岸優太からたすきが受け継がれている。

 岸からスタートした「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は、第2走者を東京五輪卓球混合ダブルスの金メダリスト・水谷隼、第3走者をトリノ五輪女子フィギュアスケートの金メダリスト・荒川静香、第4走者を東京五輪のレスリング女子で金メダルを獲得した川井梨紗子・友香子姉妹、第5走者を元ラグビー日本代表の五郎丸歩、第6走者をロンドン五輪体操日本代表の田中理恵、第7走者をボクシング世界3階級制覇・長谷川穂積が務めた。

 第8走者の女子サッカー元日本代表・丸山桂里奈の後に第9走者として登場したのは、東京五輪の女子バスケットボール準々決勝・ベルギー戦で、終了間際に3ポイントシュートを決めて勝利し、その後見事銀メダルを獲得した林咲希。スタート地点に立った林は「丸山さん、頑張れ!」と大きい声で丸山にエール。それに応える形で丸山が3ポイントシュートのポーズでゴールした。

 弾ける笑顔でスタートを切った林の地元・福岡では近年豪雨が相次いでいる。その際に思うのは、常に町の人の安全を一番に考えていた糸島市役所職員だった父のことだ。林が大学生になり、親元を離れた時に父ががんを発症。日本代表として国際大会に出場していた時に父の訃報を聞き、すぐにでも帰りたかったが、闘病中も仕事を続けていた父の姿を思い出し、試合に参加する決心をした。今回のリレーでは、父の偉大な姿や行動を自分が引き継いでいけたらという思いを胸に、父が愛したふるさと・福岡のため、全国の被災地のために走る。

 林は走る前に「もともと走ることが好きなので、今回『24 時間テレビ』の募金リレーのメンバーとして走れることがとてもうれしいです。リレーメンバーの“想い”がつまったたすきをかけて走ることに緊張もありますが、故郷・福岡の方や、全国の被災地の方、テレビの前で見てくださる方に、勇気や元気をお届けできるように、東京オリンピックでいただいた声援のお礼を伝えられるように、笑顔で走りたいです」と募金リレーへの意気込みを語った。

 また、両国国技館で見守っていた菅野美穂が10kmを完走した丸山に「お疲れさまでした。途中、疲れが顔に現れていつもの明るくほんわかした様子とは違っていましたが、それでも前へ進む姿に福島への熱い思いを感じました。ありがとうございました」とねぎらいの言葉をかけた。さらに、岸が「画面越しからでも強い思いが感じられる走りをありがとうございました。エネルギーをいただきました」と語りかけると、丸山は「岸さんからめちゃくちゃエネルギーをいただいてます」と笑顔で応じた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.