News ニュース

江口のりこが「SUPER RICH」でゴールデン・プライム帯ドラマ初主演。共演は赤楚衛二2021/08/18

 江口のりこが、フジテレビ系で10月スタートの連続ドラマ「SUPER RICH」(木曜午後10:00、開始日未定)で、ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演を果たすことが分かった。さらに、赤楚衛二の共演も発表された。

 本作は、幸せの形=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの、ジェットコースターのような波瀾(はらん)万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。キャリア20年以上の江口が、仕事にプライベートに苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を体現。赤楚は、主人公とは生まれも育ちも正反対の貧乏な専門学生を演じる。

 電子書籍を手がけるベンチャー企業「スリースターブックス」の代表取締役CEO・氷河衛(江口)を懸命に支え、時に翻弄(ほんろう)する年下の無邪気な子犬系男子・春野優(赤楚)が、会社の未来や彼女の人生をも大きく変えていく。お金はあるが愛に飢えた孤独な社長と、愛はあるがお金がない貧乏専門学生という真逆の2人が出会い、会社に襲いかかる困難を次々と乗り越えて前へと進んでいく姿は、苦境が続く現代社会を生きるすべての人を元気づけること間違いなしだ。

 江口は「出演が決まった時は、まずは体力や体調に気をつけなきゃな、と思いました。そして台本を読んでみて、1話からスピーディーな展開で、“その先を早く読みたい!”と、ワクワクしました。全くのオリジナル作品なので、どうやって面白くしていくのかをチームのみんなで探していけたらなと思います」と意気込む。

 また、共演する赤楚については「柔らかい雰囲気の方なので、リラックスしてお話ができそうだなぁ、とホッとしました」と明かし、「きっと面白いドラマになると思います。ぜひご覧になってください。よろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

 その赤楚は「今までに取り組んだことのない題材と役柄で、新しい挑戦ができることが楽しみですし、『木曜劇場』にレギュラー出演させていただけて、とても光栄に思います。台本を読んでみて、困難に直面し、目まぐるしい環境の変化の中でも、氷河衛をはじめとした登場人物たちが日々を一生懸命生きる姿に力強さを感じました」とアピールし、江口に関しては「ドラマや映画で拝見し存じ上げていたのですが、このたび撮影で初めてお会いし、凜としたたたずまいで、かっこいい方だと思いました」と共演を喜ぶ。

 自身の役どころは「春野優からは、世の中に対して不公平さを感じるものの、“自分の人生は自分のものだから光をつかみたい”という気概を感じます。若さゆえの不器用さもありますが、役と向き合いながら、そういった人間味も表現できるよう心がけていきます。そして月日が経つにつれ、優の人間力や価値観が変化していく過程も丁寧に描いていけたらと思います。このドラマが、見てくださった皆さまの明日の活力になるような作品になれたらうれしいです。今作のテーマである“本当の幸せ”とは何なのか、衛の波乱な半生とともに、一緒に楽しんでいただけたらと思います」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.