News ニュース

田中圭主演「死神さん」でくせ者刑事をサポートする前田敦子のキャラクター動画が公開2021/08/08

Huluオリジナルドラマ「死神さん」“連絡係”メイ(前田敦子)

 Huluでは、9月17日から田中圭主演、堤幸彦監督のHuluオリジナルドラマ「死神さん」(金曜更新/全6話)を独占配信。このたび、前田敦子が演じる、主人公のくせ者刑事・儀藤堅忍を陰ながら支える“連絡係”南川メイのキャラクター動画が公開された。

 大倉崇裕氏の同名小説が原作の本作は、“死神”という異名を持つ刑事・儀藤が、事件ごとに相棒を変えながら冤罪(えんざい)事件を再捜査し、「逃げ得は許しません」の決めゼリフとともに真実を明らかにしていく痛快ミステリードラマ。

 前田演じる、警視庁広報課所属の巡査長であるメイは、儀藤が担当する冤罪事件において、さまざまな手配を受け持ちながら、儀藤と相棒の間を取り持つ“連絡係”として捜査をサポートする。視聴者に事件の概要を説明するストーリーテラーとしての役割も担う、心強い存在だ。

 公開中の動画では、はじけるような笑顔と、ふとした瞬間に見せるクールな表情が魅力的なメイだが、儀藤と同じくらい神出鬼没で予測不可能なキャラクター。儀藤が組んだ相棒のもとに突然現れ、Sっ気のある言動で彼らを困らせたり、視聴者に向かって語りかけたりと、癖の強さは儀藤に並ぶほど。さらに、儀藤の“ストーカー”で“熱狂的なファン”であるという、不思議な一面も持っている。儀藤から「使いっパシリ」と呼ばれながらも、うれしそうに雑務をこなし、明るい笑顔でストーリーを盛り上げるメイの活躍に注目だ。

 被疑者の無罪が確定した冤罪事件の再捜査を専門にする警視庁の警部補・儀藤の仕事は、逃げた真犯人と事件の真相をあぶり出すと同時に、警察組織の失態も暴き出すことにほかならない。ゆえに、彼の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされる。そんな儀藤につけられたあだ名は「死神」。この破天荒な一匹狼のダークヒーロー・儀藤が、連絡係としてさまざまな手配を請け負うメイの協力の下、毎回異なる“気の合わない相棒”を連れ回しながら、さまざまな冤罪事件の真犯人と真相を解明。証言と証拠を一から、執拗(しつよう)なまでに洗い流し、“事件の裏に隠された真実”と“相棒たちの心”を180°ひっくり返していく。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.