Feature 特集

「MIU404」を手掛ける新井順子プロデューサーに聞く「#いま見てほしいテレビ」 作業する時は、音楽を爆音で聴いています(笑)<連載Vol.12>2020/05/26

 新型コロナウイルスによる外出自粛期間、テレビ番組を手掛ける方々はどのような番組を見て過ごしているのか? また、収録やロケを見合わせたり、今までと違った形で番組作りに挑戦したりする中、今後放送する番組についてどのようなことを考えているのか? 「インターネットTVガイド」では、すてきな番組を生み出す制作陣の方々に思いをお聞きした連載「#いま見てほしいテレビ」を展開中。

 第12回は近日放送予定「MIU404」(TBS系)を手掛けるの新井順子プロデューサーに、「いま見てほしいテレビ」をお聞きしました。

Q1:現在手掛けている番組を教えてください。

「MIU404」(TBS系)です。

Q2:外出自粛が続く中、「いま見てほしいテレビ」を教えてください。

◆「愛はどうだ」(1992年/ TBS系。Paraviで配信中)

 私が幼い頃に見た作品なんですけど、父親と3人姉妹のお話ですごく面白かった記憶があります。この前、Paraviで配信しているのを見つけて、懐かしいなと思いました。当時結構泣いた覚えがあります。最近知ったのですが、秋元康さん企画なんですね! この頃にドラマでも活躍されていた知り驚きました。今こういう王道のホームドラマが少なくなりましたよね。「愛はどうだ」は家族みんなそろって見られるホームドラマで、私もこんなドラマを作ってみたいと思います。それにしてもいいタイトルですよ…「愛はどうだ」。タイトルってすごく悩むんですよね。「MIU404」を決める時もたくさん悩みました。

 他には、ドラマというものに興味が出始めた時に見た、野島伸司さん脚本の「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」(TBS系)だったり、坂元裕二さん脚本の「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)も大好きでした。今、現代版「東京ラブストーリー」(FOD)が配信されてますが、どういうアレンジが加えられているのか気になっています。

Q3:ご自身が手掛けている番組の“これから”について教えてください。

 「MIU404」は、最近の刑事ドラマっぽくないものを目指せればいいなと思っています。刑事ものとか、事件ものってゲストのストーリーが主体になりやすいんです。ゲストの生い立ちとか、なぜ事件が起こったのかとか。今作では、そこにだけにスポットを当てるのではなく、その人たちに対して、伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)の2人がどう考え、どう動いていくかを描いていきたいです。

Q4:お仕事中の「元気が出るアイテム」を教えてください。

◆音楽

 作業をする時は、音楽を爆音で聴いています(笑)。かける曲はその時の気分ですね。台本を読む時の音楽とか、デスクワークの時に聴く音楽とかなんとなく分かれてます。自粛期間は「MIU404」だけでなく、これからの作品のことを考える時間が増えたのでその内容に合う音楽を聴くことが多いです。例えば、ラブストーリーだったらラブソングを聴いてとにかく気分を高めています。今朝、デスクワークの時に聞いていたのはAmazon Musicの「テンションが上がるロック」というプレーリストでした。平日にはもちろん仕事の電話がかかってくるので、そのたびに切らないとですが…(笑)。

◆ヒノキのアロマディフューザー

 物でいえば、ヒノキのアロマディフューザーです。ヒノキの匂いって癒やされるので好きなんです。おうちにいる時はこれでリラックスしています。

【プロフィール】

新井順子(あらい じゅんこ)
2008年からドラマプロデューサーとして活躍。これまで「中学聖日記」「アンナチュラル」(ともにTBS系)などを担当。現在は「MIU404」のプロデューサーを務めている。

【番組情報】

新金曜ドラマ「MIU404」 
TBS系 
金曜 午後10:00~10:54

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.