Feature 特集

裁判官が現場検証!? 竹野内豊主演「イチケイのカラス」が今夜スタート!2021/04/05

 本日4月5日にいよいよスタートする「イチケイのカラス」(フジテレビ系)。竹野内豊が11年ぶりに“月9”主演を務めることでも知られる本作は、民放連続ドラマでは初となる刑事裁判官を主人公にした爽快リーガルエンターテインメントだ。

 竹野内演じる主人公・入間みちおは、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の刑事裁判官。カジュアルな服装でひげを生やし、ゆるい空気をまとう彼は、「絶対に冤罪を生むことのないように」と自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていく型破りな裁判官だ。迅速な作業が求められるイチケイで、お構いなしに事件を深掘りするみちおに周囲は頭を悩ませている。そこで、イチケイの立て直しのために異動してきたのが、黒木華演じるエリート裁判官の坂間千鶴。冗談が通じない堅物な彼女は、初めこそみちおのスタイルに反発するが、次第に彼の信念に気付いていき…。

 第1話では、坂間が異動してきたところから物語が動きだす。正反対な2人の掛け合いは序盤からテンポ良く描かれ、他にも新田真剣佑や小日向文世らが演じる個性豊かなイチケイメンバーも登場。早速チーム感がうかがえるような展開だ。

 みちおと坂間が初めてタッグを組む記念すべき最初の案件は、大学生の長岡誠(萩原利久)が衆院議員の江波和義(勝村政信)を殴りつけけがを負わせたことで起訴されたという傷害事件。誠の父・長岡洋一郎(松澤一之)は江波の秘書を務めていたが、2カ月前に自殺で亡くなっていた。ささいな案件を合議制で扱う必要はないと主張する坂間だったが、みちおとともに裁判官主導の現場検証を行うことになり、やがて真相をつかんでいく。

 一見関わりのなさそうな2人がどのように交わるのか、事件の真相が気になるのはもちろん、現場検証を通して見えてくるみちおの人柄にも注目だ。個人的には、「義母と娘のブルース」(2018年/TBS系)や「素敵な選TAXI」(14年/フジテレビ系)などで竹野内が演じたキャラクターに好感があり、愛されるような人物のイメージが強いのだが、今作でのみちおがどんな人物になっていくのかが気になるところ。というのも、弁護士だったみちおは、過去のある事件が関連して裁判官になったそうで…。自由奔放なだけでなく、ミステリアスな一面も(?)抱えた彼が、今後どのように変化していくのかが楽しみだ。

 法律を扱う“裁判官もの”でありながら、全く難しすぎず、きっと誰もが気軽に楽しめる作品になっているのが本作の大きなポイントだろう。これから始まるイチケイメンバーの活躍から目が離せないので、まずは今夜の放送をお見逃しなく。

【番組情報】

「イチケイのカラス」
フジテレビ系 
月曜 午後9:00〜9:54 ※初回は午後9:00~10:24

文/M・F

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.