News ニュース

竹野内豊&黒木華「イチケイのカラス」がクランクイン2020/12/04

 フジテレビ系で2021年4月にスタートする連続ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9:00、開始日未定)が早くも撮影を開始。自由奔放で型破りな主人公・入間みちお役の竹野内豊、みちおと真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴役の黒木華がクランクインを迎えた。

 本作は、浅見理都氏による同名コミックが原作。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称・イチケイ)の刑事裁判官であるみちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカルかつビターに描く、爽快なリーガル・エンターテインメントだ。

 最初の撮影は、イチケイに異動してきた坂間が、裁判所に足を踏み入れるファーストシーン。髪をきっちりまとめ、ビシッとしたスーツを着こなした黒木は、監督と共に段取りを入念に確認し、坂間のキャラクターを詰めていく。現場はなごやかな雰囲気で、撮影の合間にはスタッフと談笑する姿も見られたが、カメラが回ると一転、きりりと引き締まった表情に。背筋を伸ばし、パンプスの足音を響かせ、きっちりとした坂間のキャラクターをすでに作り上げている様子。

 主人公・入間みちお役の竹野内も登場。スタッフから紹介され大きな拍手が巻き起こると、黒色の法服に身を包んだ竹野内は爽やかな笑顔を浮かべ、両手を振って応えてみせた。

 竹野内が最初に撮影したのは、みちおが坂間の制止を振り切って、法服のまま昼食を買いに行くシーン。テンポのいい掛け合いが見どころでも本作で、今回が初共演となる黒木と一緒に段取りを確認し、心の距離を縮めながら、丁寧にお互いの呼吸を合わせていく。カメラが回ると軽やかに走ったり階段をジャンプで下りたりと、みちおらしいコミカルな動きで現場を笑わせる一幕も。自由奔放なみちおと超ド真面目な坂間。撮影初日から対照的なバディらしさが垣間見えた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.