News ニュース

小日向文世&草刈民代、竹野内豊主演「イチケイのカラス」に出演2021/02/23

 小日向文世と草刈民代が、4月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9:00、開始日未定)に出演する。

 本作は、浅見理都氏による同名コミックが原作。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称・イチケイ)の刑事裁判官である型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内豊)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走する坂間千鶴(黒木華)らイチケイメンバーの活躍をコミカルかつビターに描く、爽快なリーガル・エンターテインメントだ。

 イチケイの部長であり、みちおが師とあおぐ伝説の刑事裁判官・駒沢義男を演じる小日向は「刑事裁判官と書記官がメーンのドラマは今までにない新しい試みだと思いました。駒沢は柔らかい人柄で、裏表なく、真実に対してとにかく真面目に向き合っている人です。自分が裁判官の道に引っ張ったみちおと、イチケイに新しく入ってきた坂間の2人を、まるで自分の子どもかのようほほ笑ましく見守っている、そんな温かい存在でありたいと心がけています」と役柄について触れ、「竹野内さんは自分のペースをしっかりお持ちで、いつも柔らかい空気感をまとった方です。一方、黒木さんはしっかり者のすてきな女優さんです」と共演の印象を明かす。そして「マイペースでほわっとしているみちおと、常にピシッとしている坂間。そして、ニコニコしながらそれを見ている駒沢。いいチームワークだと思います。少し堅い話かなと思われるかもしれませんが、今までに見たことがない世界を知ることができる内容になっています」とアピール。

 一方、草刈は、エリート中のエリートと呼ばれる最高裁判所判事・日高亜紀に扮(ふん)する。「米連邦最高裁判事だったルース・ベイダー・ギンズバーグさんのドキュメンタリー番組を見て、“なんてカッコいい人だろう”と思っていました。それが、まさか自分が最高裁判事を演じることになるなんて」と起用に驚きつつ、エリート役だけに「日本に15人しかいない特別な存在です。イチケイの個性豊かな裁判官とはまた違うタイプの裁判官の姿をお見せできれば」と意気込んでいる。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.