Feature 特集

髙橋大輔選手が手掛けたリノベーションルームが完成!「“色遊びできる部屋”がテーマです」【取材・第1弾】2021/01/16

 髙橋大輔選手がスカイコート株式会社とタッグを組んで展開する「D-color」プロジェクト。第1弾では新築マンションをプロデュースした髙橋選手ですが、第2弾の今回はフルリノベーションに挑戦! 髙橋選手の希望や個性が目いっぱい詰め込まれた、アーティスティックなお部屋のポイントを、自ら解説してくれました。

 今回のデザインテーマについて髙橋選手は、「“色遊びできる部屋”をテーマに作っていきました。前回、マンションの物件をやらせていただいた時には、いろいろな人に受け入れられるような部屋を考えながら作りましたが、今回は1室のフルリノベーションということだったので、色を強調した部屋をデザインさせていただきました」と説明。深いブルーが印象的なワンルームが完成しました。

(練習拠点である)アメリカ・フロリダにいた時にデザインを考えたという髙橋選手。さまざまな色の組み合わせを考えた結果、最終的に“青とピンク”をテーマカラーにしたデザインがしっくりきたそう。「僕自身が自分の部屋をリノベーションした時に白い壁にしたのですが、『青を使いたかったな』『ブルーを使った部屋が欲しかったな』という思いがあって、今回はこの“青”をまず決めました。男性でも女性でも楽しめるような色を組み合わせたら面白いかなと思って、“青とピンク”に決めさせていただきました」とコメント。

 キッチンのシンクとつながったカウンターは、自由に使えるスペース。料理の際の作業台としてはもちろん、パソコンを置いて仕事をするなど、フレキシブルに活用できます。お部屋を広く使える髙橋選手のアイデアです。

 また「インスタ映えしますし(笑)、リモートワークの際にも映える、すてきな部屋だと思います」と髙橋選手。

「こだわったポイントは、シャワーです。今回はお部屋を広くしたくて、(バスタブは設置せず)シャワーブースだけにしました。ほかのワンルームではなかなかないんじゃないかなと思って。上から(湯が)落ちてくるシャワーをつけてます」と明かし、この“上から落ちるシャワー”は、髙橋選手自身が暮らすマンションにも取り入れたかった設備だったとか。

 「D-color」プロジェクトということで、前回の新築マンションにも「D」のモチーフを取り入れていた髙橋選手。今回のリノベーションルームでは、鏡が「D」のデザインに!

 ピンクの壁、黒い洗面台の上に設置された、黒いフチの丸い鏡も髙橋選手がこだわって選んだもの。

 また、近日公開予定の第2弾では、KISS & CRYの独占インタビューを公開! アイスダンスや今後の夢などについて、髙橋選手にお話を伺いました。こちらも、どうぞお楽しみに!

【D-color 販売物件特設サイト】 
https://skyc-smile2.jp/wakuwaku/dcolor2_requestform

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.