Feature 特集

「逃亡者」渡辺謙、豊川悦司の最強タッグで復活! 真犯人はいったい誰なのか…?2020/12/06

 1960年代に米国で放送され、ハリソン・フォード×トミー・リー・ジョーンズで映画化された「逃亡者」。今回、舞台を現在の日本に移して物語を再構築し、テレビ朝日系で12月5日、6日に2夜連続スペシャルドラマとして復活。“追われる者”で外科医の加倉井一樹を渡辺謙さんが、逃亡する加倉井を非情なまでに“追う”警視庁特別広域捜査班班長・保坂正巳を豊川悦司さんが演じるほか、三浦翔平さん、原沙知絵さん、藤本隆宏さん、岩男海史さん、夏川結衣さん、稲森いずみさんら豪華キャストが出演することでも話題になりました。 

 12月5日放送・第1夜では、大学病院に勤めるエリート外科医の加倉井(渡辺)の恩師・沢村(山本學)のパーティーが開催されるところから物語がスタート。加倉井は妻の陽子(夏川)を連れて、学生時代の同期である宮島(杉本哲太)、石森(村田雄浩)と共に出席。しかし、パーティーの途中で緊急オペの要請があったため、陽子とは別れて加倉井は病院へ。無事に執刀を終えた深夜、自宅に戻るとパーティー会場で別れた陽子と家政婦がナイフで刺されて死亡していたのです。

 突然の出来事に加倉井が戸惑いを隠せないでいると、現場を離れようとする男を発見。もみ合っているうちに頭部を殴打され気絶した加倉井でしたが、警察は、2人を殺害して逃げようとしたところ、階段から踏み外して気を失ったと判断。もみ合った相手が“義手”で、その男が犯人であると告げる加倉井でしたが、無常にも逮捕され死刑判決が下されてしまいます。東京から名古屋の拘置所へ移送されることになった加倉井でしたが、同乗していた爆弾テロ事件首謀者の嶋岡(天野慶久)の仲間が襲撃したことにより移送車が横転。車外に出た加倉井は、自分の無実を晴らすため逃亡することを決意し、森へ姿を隠します。

 今回の襲撃事件を働いたテロ集団を制圧した特別広域捜査班は、最新テクノロジーを駆使し、逃げる加倉井を追跡。横転事故でけがをした加倉井は逃走途中で見つけた病院で処置を行い、偶然にも出会った花江(余貴美子)の車に乗って保坂(豊川)らの追跡から逃れようとします。花江の家で弁護士の青木に電話を掛けるも、保坂らに通報され居場所が特定されてしまい、さらに山奥へと逃亡を図ります。排水路の先を目指し走っていくと、出た先には渓谷が…。ついに保坂らが彼に迫ると、「私は妻を殺してない」と。そして、「陽子!」と叫びながら、はるか下を流れる川に飛び込み…。

 なぜ、加倉井は犯人に仕立てられたのか。本当の犯人は誰なのか…。その謎が今夜明かされます。

ページ: 1 2

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.