Feature 特集

ファンミ開催のイ・ミンヒョクを直撃! 大人気オーディション番組の裏話、ガチでオススメの化粧品も聞きました!!2020/11/08

 韓国人マルチタレントのHyukが、アーティスト、イ・ミンヒョクとして発表したデジタル1stシングル「Pray」の発売を記念して、オンラインファンミーティングを11月21日に開催。イベントを控えた彼にいろいろと質問をぶつけてみました。

――11月のファンミーティングは、どんな内容になりそうでしょうか?

「8月1日にデジタルシングル『Pray』でデビューしたのですが、そのデビューイベントの代わりに、純粋にファンの方々に会いたい、恩返ししたいという気持ちがあって、今回のイベントを開催することになりました。新曲を披露して、前回よりもっとパワーアップする予定です。歌だけでなくちょっとした企画も準備しています。少しだけネタバレすると、今回もゲストの方と2人で一緒に何かできたらいいなと思っています」

――2019年5月にオリジナル曲「Again」が発表され、今年の8月に「Pray」でデビューということですが、それぞれの曲にはどんな思いが込められていますか?

「『Again』は、夢がテーマだったんですね。自分の夢を諦めずに追いかける。何度も挑戦してダメだったとしても、それでも追いかけるというのがテーマでした。『Pray』は、ファンの皆さんと僕の関係を恋愛に見立てて歌詞を書いてみました。昨年僕がオーディション番組に出演して、デビューできなかったにもかかわらず、ファンの方が一生懸命応援してくれたんですよね。ファンの方と僕が通じ合う気持ちってどんなものかなと考えながら、歌詞にテーマを持たせて書きました。皆さんにも特別な人がいると思うんですが、この曲を通して共感してもらえるんじゃないかなと思います。『Again』は僕自身の話だったんですけど、『Pray』は女性の気持ちを考えて作った歌詞です」

――「Pray」のミュージックビデオ(MV)撮影の時のエピソードなどは、何かありますか? 

「めっちゃ寒かったイメージしかないです(笑)。撮影は3月だったんですけど、雪が降っていたんですよ、その日。足元に10cmくらいの水を張って撮影したんですが、寒くてぶるぶる震えながらやってましたね」

――それは大変でしたね。こうやってMVを作る時には、ご自分の意見を言ったりする方ですか?

「はい、何回か出しました。曲が切ない曲調なので『笑顔より切ない表情をメインにしたいです』と提案したり、曲のAメロ、Bメロのサビで感情が全部違うので、『Bメロは本当に切ない苦しい表情をメインのカットにしてください』とか、そんなふうにお願いして撮ったりしていました。ファンの皆さんと気持ちを通じ合わせることをイメージして作りました」

――出来としては何点くらいだと思いますか? 

「これは強気に言った方がいいんですかね?(笑)。謙虚にいくなら75点、自信満々にいくなら88点ぐらいですかね(笑)」

――100点満点に足りないその点数は、どんな部分ですか?

「ボーカル力をもっと磨いてから撮りたかったですね。今もレッスンには通っていますが、今の方がもっと上手に歌えると思います(笑)。今になって自分の歌を聴くと『あ~ここ、もっとできただろうに』って思ったりもして。ライブで歌う時は92点くらいにはできるように頑張りたいです!」

――ダンスと歌のレッスンはどれくらいのペースでやっているのですか?

「週2ですね。水曜がダンスで4時間、金曜がボーカルレッスンで3時間くらいずつやっています。動画の制作もしないといけないので、結構忙しくやっています」

――「Pray」は「祈る」という意味ですが、今祈りたいことはどんなことですか?

「やっぱり、今度のファンミーティングにたくさんの人が来てくれることが『I pray』ですね(笑)」

――「Again」の歌詞の中に、「昨日の僕にグッバイ」という歌詞がありますが、昨日の自分にグッバイしたいことは何かありますか?

「昨日限定ですか? そうですね~。昨日、お酒を飲み過ぎた自分にグッバイしたいです(笑)。昨日、家に帰ってから作業しようと思っていたのに、酔っ払っちゃって全然仕事にならなかったんです。もともとお酒に弱いんですけど、ついつい飲んでしまって」

――最近、いいなと思っているアーティストや好きな曲はありますか?

「テミンさんの「『Criminal』です。あとは、SuperMの『100』と、少し前ですけどNCT127の『Kick It』が好きですね」

――SHINeeさんに憧れてアイドルを目指されたんですよね。ジュノン・スーパーボーイ・コンテストを受けた経験もあるそうですね。

「はい。2006年の溝端淳平さんが優勝した年です。ベスト100までは行ったんですが…」

――アイドルになりたいと思ったのはいつ頃からなのですか?

「小学生くらいからですね。韓国にいた時に、アイドルがテーマソングを歌うアニメがあって、歌うのが楽しそうだなと思って。当時、なぜか家にトランシーバーがあって、父親のものだったんですけど、それを一つお母さんに渡して、僕は押し入れの中で歌を歌ってお母さんに聴かせていました(笑)。お母さんはトランシーバーを置いたまま、洗濯物を畳んでいて(笑)。そんな思い出が記憶に残っています。本格的にオーディションを受け始めたのは、高校生くらいの時です。高校・大学の時にオーディションをいろいろ受けて、一時期練習生になったりもしたのですが、その時もう21歳くらいで、『もう遅いかな』と思い、諦めて一般企業に就職したんです。でも、諦めきれない気持ちがあって…。そんな時にSHINeeさんのライブを見に行ったんですが、すごくキラキラしていて、本当に感動しました。『僕もこんなふうに人に感動を与えられる仕事がしたい!』と思って、気持ちが再燃して、それからまたオーディションを受け始めたんです」

――15、16歳の時はオーディションは受けなかったのですか?

「その頃はまだ日本に来て2、3年で、ようやく日本語がしゃべれるようになったくらいだったので、それどころじゃなかったんですよね。勉強も全然追いつけなくて。とにかく日本の生活に慣れるのに必死だったので、一時期アイドルになりたいという夢からは離れていました」

――昨年、大型オーディション番組に参加されて、知名度も上がったと思いますが、参加してよかったなと思うことは?

「応援してくれる人を大切にしなきゃっていうことを、本当に感じましたし、それに気付いたことですかね。応援してくれる方たちは、番組が終わって今こうやってソロ活動していても、ずっとついてきてくれる、僕にとって大切な人たちだといつも感謝しています」

――番組で一番印象に残ってることは?

「最初に100人いた時はみんなが“仲間”って感じだったんですけど、番組が進むにつれて、いい意味でライバルになれて切磋琢磨できたことですかね」

――一番大変だったことは?

「大変なことですか? うーん、何かあったかな…(笑)。一つ挙げるなら、僕が一番の年長者だったんですけど、18、19歳くらいの若いメンバーのモチベーションをどうやって上げてもらって、やる気を出してもらったらいいのかということを、常に考えていました(笑)」

――化粧品をいっぱい宿所に持って行ってましたよね?

「はい(笑)。みんな、いろんな部屋から僕の化粧品を使いに来ていたぐらいです(笑)」

――YouTuberとしても活躍されていますが、一番再生回数の多かった動画は? 

「『ブラックヘッドの治し方!! 本気で黒ずみ毛穴治したい人へ』という動画です。1000万回再生を越えました。2年前くらいの動画なのですが、今もずっと再生回数が伸びています」

――その動画が1000万回再生を越えたのはどんな理由だと思いますか?

「あの動画は短すぎず長すぎず、ちょうどいい長さにして、だらけてしまう瞬間を作りませんでした。テンポよく言葉を入れて説明文と結果とやり方だけを入れて、パッと見てパッとまねできるものにしたら、見てくれた方は途中で見るのをやめず、ほとんどの方が最後まで見てくれて視聴維持率が延びました。動画はいかに再生してもらえるか、いかに長時間見てもらえるかということを意識して作るのが重要だと思います。あと、ほかに再生回数が多いのはK-POPのMV解説。コンスタントに伸びますね」

――今はどういう動画制作に力を入れているのですか?

「今はやっぱり韓国コスメの動画が多いですね。いろんな企業さんからお話をいただくことも多くて、化粧品のレビューをやったりしています」

――個人的にオススメしたい化粧品を、三つ教えてください。

「Dermatory(ダーマトリー)のシカレスキューガーゼパッド。これは本当にいいです。これを使ってから肌荒れと無縁になりました。ふきとり化粧水なんですが、動画でも何回もオススメしています。あとは、VT(ブイティー)シカデイリースージングマスク。デイリー用にしてはめちゃいいですよ。朝使うとメークアップのブースター代わりにもなるし、ピンセットも付いていて衛生面も保てるのですごくいいですね。あとはBOTANIC HEAL BOH(ボタニック ヒール ボー)のシカパンテノールブレミッシュクリーム。ニキビになりかけても、毛穴をふさがないので皮脂が分泌されて、汚れがたまらないのですごくオススメです。タイアップでもなんでもなく、個人的にガチでオススメです(笑)」

――最後にファンミーテングに参加されるファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

「前回よりもさらにパワーアップします! オンラインで開催ということもあって、直接会うことはできませんが、皆さんが最前列で見てくれているんだということを意識して最高のパフォーマンスをお見せしますので、一瞬たりとも見逃さないでくださいね!」

【プロフィール】

イ・ミンヒョク(LEE MINHYUK) 
1月15日生まれ。韓国出身。O型。ヒョクの名前でYouTuberとして活動し、チャンネル登録者数は40万人を超える。アーティスト、イ・ミンヒョクとして2020年8月1日にデジタルシングル「Pray」を発売するなど人気上昇中。 
<公式ファンクラブ>https://fanicon.net/fancommunities/2190

【Information】

イ・ミンヒョク 2nd FANMEETING ~それでも君の幸せを I pray~」 
■配信日程
【生配信】11月21日 午後1:00開始 
【アーカイブ配信】配信終了後~11月22日 午後2:30 
■出演者:イ・ミンヒョク 
■チケット料金:3,500円(税込) 
・先行販売:~11月14日 午後11:59まで 
・一般販売:11月14日 深夜0:00~11月22日 午後0:00 
■イベント詳細:http://mnetjp.com/t/hyuksecondfanmeeting/ ※限定グッズも発売中

取材・文/haru*hana編集部

haru*hana(ハルハナ)とは?

韓国エンタメ好きのための、新しい情報誌「haru*hana」。
ドラマやK-POPはもちろん、最新芸能ニュースまで網羅!韓国エンタメの“いま”を知るならこの1冊!

Twitterアカウント:@haruhana_tvg
バックナンバー:http://haruhana.zasshi.tv/

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.