Feature 特集

こんな染谷将太は見たことがない!?「浦安鉄筋家族」で演じる花丸木の衝撃的な”天然変態”な姿とは?2020/04/24

 金曜深夜に放送中の「浦安鉄筋家族」(テレビ東京ほか)。「週刊少年チャンピオン」で浜岡賢次さんが25年以上連載を続けている同名ギャグ漫画が原作で、はちゃめちゃな大沢木家の大黒柱・大鉄を佐藤二朗さんが演じるエクストリーム・ホームコメディーです。4月17日放送の第2話では、三男・裕太(キノスケ)が発熱したことをきっかけに大鉄の妻・順子(水野美紀)が、病院まで猛ダッシュ! しかし、途中で地元のママたちが開催する“ベビーファイト”に強制参加させられたり、長女・桜(岸井ゆきの)の高校の先生に呼び止められてしまい…。そんな中でも順子が奮闘する姿に、なんと主演の佐藤さんが自ら放送中にリアルタイムで「水野美紀、かっけえええ!」とSNSで実況をするなど、各方面で話題となりました。

 4月24日放送・第3話では、大鉄から「彼氏の花丸木(染谷将太)と別れろ」と言われた桜が、腹を立て「お父さんなんて他人よ」と言い放ってしまいます。そんなある日、花丸木が桜の家で勉強をしたいと言いだして…。桜は自分の家族の欠点を知られたくないと、長男・晴郎(本田力)にドロップキックしたり、なぜかトイレ掃除をしたりと頑張りますが…。桜の恋は一体どうなるのでしょうか? そこで一足先に第3話の完成版を見た記者より、個人的感想を交えながら見どころを3点ご紹介します!

①とにかく染谷将太演じる花丸木の癖が強い!

 桜の彼氏で、いじめっ子な花丸木を染谷将太さんが演じるのですが…記者から見た花丸木の印象は、内股・小指・語尾です!!(笑)。「なんだらむ~」とすべての語尾に「らむ」を付けて話し、常に小指を立てて過剰な内股で歩く。こんな染谷さんは見たことがないくらい、癖しかないです。そして、肌の抵抗が少なく服が脱げやすいという天然の変態(!?)という設定のため、パスタを食べていてもなぜか服が脱げてしまい…?

 思わず桜も「スパゲッティじゃないよ、ニットだよ!」とツッコミますが、かつてこんなツッコミを聞いたことがあるでしょうか?(笑)。どこか危ない2人の関係に困惑しつつも、ほっこりすること間違いなしです!

②岸井ゆきの演じる桜が超絶かわいい!!

花丸木のことになると盲目になる桜。家族にばかにされて認めてもらえなくても、桜にとって花丸木は王子さま! 目からハートが出ているのでは?と思えるような視線、恥じらうような素振り、そしてなんといっても花丸木に「桜ちゃ~ん」と呼ばれた時の最大級の笑顔が最高にかわいいです!! 心から好きだと思える相手に出会える桜がうらやましくてほほ笑ましい。まさに恋する乙女。そして、好きな人のためにいいところを見せようと奮闘する姿に、胸を打たれますよ。

③大沢木家がそろう爆笑のシーン

 大沢木家の食卓のシーンでは、キャスト陣の息の合ったテンポのいいやりとりに爆笑必至です。やりたい放題の佐藤さん、笑いを堪えられていない水野さん、無駄にビンタをされる本田さん、セリフがなさそうな坂田利夫さんなど、台本通りなのかそれともアドリブなのか疑いたくなるようなシーンにぜひご注目ください!

 実写化は不可能と言われた原作でもあるので、とにかくはちゃめちゃで現実ではありえないようなことだらけですが(笑)、見ていてスカッとした気分になる方も多いはず。大変な状況の中、ストレスもたまると思いますが、1週間の疲れを忘れるには最高のドラマです。みんなで「浦安鉄筋家族」を見てモヤモヤを吹き飛ばしましょう!

【番組情報】

ドラマ24「浦安鉄筋家族」 
テレビ東京ほか 
金曜 深夜0:12~0:52
※地域によって放送日時が異なります。

テレビ東京担当 K・O

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.