Feature 特集

きょうはバレンタインデー! 羽生結弦選手、手づくりチョコにはじめての挑戦2017/02/14

 ロッテ・ガーナミルクチョコレートのCM「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇に出演中の羽生結弦選手。バレンタインの手づくりチョコには欠かせない、テンパリング(※いちど溶かしたチョコを再び固める際に必要な作業のこと。マスターすると、手づくりチョコの幅がグンと広がります)作業に初挑戦!

 この日、真っ赤なエプロンを着けて登場した羽生選手。「こんな感じで大丈夫ですか…? 料理自体ほとんどやらないので…」(羽生選手)と不安げなようす。その後、テーブルの端から端までのテンパリング作業を終えた羽生選手は「ふーっ…」とひと息つくと、「どんどん上達していますよ!」というお手本の先生の声に、「いえ…本当に“テンパ”ってます!かなり…(笑)」(羽生選手)。先生の動きを観察・入念にリハーサルを繰り返す羽生選手。動きのスピードが格段に上がり、先生と同じくらいスムーズな作業を見せながらも「素晴らしいお手本が近くにある時は、学びのタイミング。いろんな角度から、必死に見ていました(笑)。テンパリング、もっと極めたいですね!」と謙虚な姿勢を崩さない羽生選手なのでした。
 その後、テンパリングを一通り行ったチョコを、一口ペロリ。「すごくなめらか!すごくおいしい…風味が広がりますね。いつも以上に甘さと風味があって…。テンパリングするとこんなに違うんですね!」(羽生選手)。

 お次はチョコプレートにメッセージを筆入れならぬチョコ入れ。「全力」という言葉を迷いなくチョコ入れした羽生選手。チョコレートケーキの上に、羽生選手手づくりのチョコプレートを載せたら、特製ケーキの完成! 「もったいないから、食べたくない!(笑) でも、いただきます!…うん、おいしい! なめらかで、ガーナミルクチョコレートの香りもしっかりしてる」(羽生選手)。

 「今回は、バレンタインチョコレート作りの一部の工程をさせていただきましたが、みなさんはもっと大量のチョコレートを使って作られるかと思うと、すごく良い香りがするんだろうな、と思います。(テンパリング作業は)最初は難しくて肩に力も入ってしまったのですが、(お手本の先生の)動きをすごく参考にしました。最後の方では褒めていただき(笑)、すごく楽しかったです。挑戦することは、もちろん不安もありますし、僕も今回(不安や緊張は)ありました。でも、挑戦することによって楽しさも生まれるし、達成した時のときめきって特別なもの。ぜひ、その一瞬を、ガーナミルクチョコレートで味わってもらえたらな、と思います」(羽生選手)。

 今週行われる「四大陸フィギュアスケート選手権」では、日本男子代表選手の1人として出場する羽生選手。試合で見せる、羽生選手の「アツい挑戦」をみなさんで応援しましょう!

【競技日程】

【世界フィギュアスケート選手権大会2017】
3月29日(水)~4月2日(日)※フジテレビ系で放送予定

【「KISS&CRY」とは?】

「KISS&CRY」シリーズは、日本のフィギュアスケーターのみなさんをフィーチャーし、その「戦う」姿、「演じる」姿を合計50ページ超のグラビアでお届けしています。つま先から指先・その表情まで、彼らの魅力を存分に伝えます。また、関連番組TVオンエアスケジュールも掲載。TVの前で、そして現地で応援するフィギュアスケートファン必携のビジュアルブックです。

Twitterアカウント:@TeamKISSandCry

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.