Feature 特集

山田涼介、メモリアルな主演作で見せる自信と誠実さ「自分も知らない自分を模索しながら頑張っています」2022/10/05

 フジテレビ系にて10月5日にスタートする連続ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の記者会見が行われ、Hey! Say! JUMP・山田涼介と、川栄李奈が登壇した。

 ドラマの原作は、「ヤングマガジン」(2018年5月~19年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(19年8月~20年9月/講談社)で連載され累計130万部を突破した、原作・井龍一氏、漫画・伊藤翔太氏による同名コミック。連続殺人犯を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)が、ある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。そこで驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる、二重人格サスペンスが描かれる。

 元々、原作のコミックを読んでいたという山田は「いつか実写化されるだろうなと考えてはいたのですが、まさか自分にオファーをいただけるとは思ってもいなくて。ただ、『この原作を、日本のドラマで、フジテレビで、どこまで表現できるだろう』と疑問に思う部分もあったのですが、だいぶ攻めたドラマがこの時代に生まれたなと。確かな手応えを感じています」と会見の冒頭から自信と充実感をのぞかせた。

 そんな主演の山田に対し、自己肯定感が低く、デートクラブで働く女性・ナミを演じる川栄は「山田さんは、やっぱりグループで活動されているので、周りをすごくよく見ている方。本当に気も使ってくださいますし、たぶん、私以外の現場の皆さんも居心地がいいと感じているんじゃないかと思います」と座長を務める山田の印象を明かす。すると山田は「メークさんが僕になぞなぞを出してくれるんですけど、『これ、川栄さんに(問題を)出したら面白いんじゃないか』と僕が提案して(笑)。3人でなぞなぞをしていました」と撮影の合間の和やかなエピソードを披露した。

 共演には、門脇麦、尾上松也、早乙女太一、髙嶋政宏、桜井ユキ、佐野史郎、遠藤憲一ら、確かな演技力で見せる俳優が名を連ねる。個性的なキャストがそろう中でも、半グレ集団のリーダー・“サイ”こと佐井社を演じる松也は現場でも存在感を発揮しているようで、山田は「原作でも結構クレージーで怖いキャラクターなんですけども、その原作を超えるであろう怖さを醸し出しています。この役を心から楽しんで演じているんだろうなというのが第1話から感じ取れるくらい。僕はそんな様子を現場で見ながら、『この人、いい意味でイカれてるな』って思っていました」、川栄は「松也さんのインパクトはすごいです! どのキャラクターもドラマが進むにつれてどんどん個性が出てくるので、本当に一話一話見逃さずに見てほしいなと思います」と、それぞれ現場で受け取った雰囲気を伝えていく。

 本作が“二重人格サスペンス”であることにちなみ、「お互いの意外な一面や、撮影現場で垣間見えたギャップは?」と記者から質問が挙がると、山田は「川栄さんは、全く裏表のない方。明るい方だとは思っていたのですが、(想像の)2倍以上明るかったです。川栄さんがいると、パッと花が咲いたように現場が明るくなります」と回答。一方、川栄が「私が芸能界に入る前から山田さんはずっとテレビで活躍されているのですが、全くルックスが変わらないじゃないですか? だから20代前半くらいの感覚でお話しちゃうんですけど、撮影で爽やかなエイジを演じている時、カットがかかった瞬間に『(濁った声で)疲れた~…』って聞こえて…」と明かすと、山田は「やめてよ(笑)。来年30のおじさん感出すのやめて?(笑)」と即座に反応。川栄は「そこで現実に戻るみたいな(笑)。そんな山田さんの二面性が見られるかなとは思うんですけど、基本的には明るく、元気に現場にいらっしゃるので、本当にありがたいです」とハードな撮影もキャスト一同で明るく乗り切っている様子を感じさせた。

 本作への連ドラ出演が、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でヒロイン・大月ひなたを好演して以来となる川栄。「朝ドラでの経験を生かせていると思う部分はありますか?」という記者からの質問には、まず山田が「もちろんありますよ、川栄さんは。ねっ?」と口を開く。川栄が「はい、もちろん(笑)。台本の覚えがすごく早くなったりとか、あと、朝ドラは結構体力がいる撮影だったのですが、今は体力的にはあり余っている状態です。ただ、朝ドラのヒロインと同じくらい山田さんの役は大変。拷問されたり、セリフ量も多い中、朝から晩まで毎日撮影で…。ほかのお仕事もある中、この撮影をされているので、この人は本当にすごいなと。近くで学ばせてもらっています」と山田の方を見ると、「たぶん…次の朝ドラのヒロイン、僕やってます」とにっこり。川栄の「あはははは!」という笑い声に包まれる中、山田は「大丈夫ですか? 僕、こんなふざけたコメントで(笑)」と司会者に問いかけていた。

 二重人格の主人公という難しい役どころを演じる山田。本作への出演に対し「今まで培ってきたものをすべて出してやっと成立する役。20代最後に、自分も知らない自分みたいなものを模索しながら日々頑張っています。自分事でいうと、今年グループが15周年を迎えて、僕自身も(ゴールデン・プライム帯の)ドラマ15作品目となる主演作。そんなメモリアルなことも重なっているので、並々ならぬ思いを込めながら演じさせていただいています。この作品をきっかけに、山田涼介の新たな表情が視聴者の方に届けばいいなと思っています」と誠実な思いを言葉にした。

【番組情報】

「親愛なる僕へ殺意をこめて」
10月5日スタート
フジテレビ系
午後10:00~10:54 ※初回は午後10:00~11:09

取材・文・撮影/宮下毬菜(フジテレビ担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.