Feature 特集

小芝風花が“闇落ち”小豆洗いに襲われるところにヒーロー登場!?――「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」今夜第5話放送2022/05/07

 現在、テレビ朝日系で放送中の小芝風花さん主演のドラマ「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」。気弱で空気を読むことだけが取りえだった目黒澪(小芝)が、「自分らしく生きる!」と息巻いて“妖怪ヒラキナオリ”として妖怪シェアハウスから羽ばたいていった前シーズンから一転、厳しい現実に直面して再びどん底生活に…。ボロボロになってシェアハウスに舞い戻った澪を、人間界に紛れ込む“闇落ち”した妖怪たちが巻き起こす問題やトラブルが襲います!

 素直だが人に嫌われることを極端に怖がり、自己肯定感が低すぎる澪を、保護者のようなシェアハウスの住人たち同様に応援したくなってしまう、愛すべきキャラクターが魅力の本作。先週放送の第4話では、外資系IT企業への就職が決まり出社初日を迎えた澪の前に、以前澪の小説を酷評し、澪を追い詰めた上竜樹(安井順平)が…。翌日、上が編集部員の小豆沢流(岩崎う大)に、AIをテーマにした記事のライターへの発注を澪に手伝わせたらと提案しているのを聞き、自分で書きたいと訴える澪。そんな澪に、上は「書けるなら書いてみれば」とニヤリ。「1人入れたら、1人出てってもらわないとね」と、暗に小豆沢か澪のどちらかの首を切ることを匂わせ、上が去っていった途端、小豆沢の態度が急変。

 上に小説を酷評されゴミ箱に捨てられて以来、角が生えなくなり、原稿を書こうとすると手が固まってしまう「呪い」にかかってしまった澪ですが、四谷伊和(松本まりか)らの協力を得て、何とか原稿を完成させます! しかし翌朝、澪が書いた原稿が原因で大作家・大河内(木村靖司)から連載を打ち切ると言われるほど激怒させてしまい、上は、澪だけでなく小豆沢までも責任を取らせてクビにすると宣告。その瞬間、小豆沢は金ぴかのマントをまとった妖怪に姿を変え、銭つぶて攻撃で澪に襲いかかり――!?

“ヒーロー”のんべ&ぬらりが澪の危機を救う!?

 “闇落ち”した小豆沢が投げた銭は手裏剣のごとく壁に突き刺さり、澪は絶体絶命…!? と思った次の瞬間、のんべ(毎熊克哉)とぬらり(大倉孝二)が傘を携え、まるでイケてるヒーローのごとく凛々しい表情で登場! 普段は酔ってばかりののんべと、ぬらりくらりと過ごしているぬらりですが、一体どんな手を使って澪を救うのでしょうか? トップ写真にもある、いつもとは一味も二味も違うキリッとした表情ののんべとぬらりに注目です!

澪の命運を懸けて、AI vs シェアハウスメンバーの真剣勝負!

 金ぴかマントの妖怪と化した小豆沢と澪をシェアハウスに連れ帰ったぬらりたちは、小豆沢が「ショキショキ」と口走ることから、小豆沢の正体が小豆を数えるのが得意な妖怪・小豆洗いだと見抜きます。小豆洗いは世知辛い世の波に流されていくうちに、いつの間にか闇落ちして銭洗いとなってしまっていたのです。そんな小豆洗いに、自分が小説を書けない呪いにかかっているように、小豆洗いも上の呪いにかかっているのではと疑う澪ですが、そこへ突如、天神様=菅原道真公(山内圭哉)が現れ、呪いより強い力の存在を伝えます。

 それを聞いて再び奮起する澪と小豆洗いは、クビを免れるためにも怒らせてしまった大河内に謝罪して、許しを得ようとしますが、なんとその運命は、大河内がかわいがるAIロボットとの対決で決まることに…! それぞれの得意分野を生かした何とも不思議な勝負が繰り広げられますが、本人たちは至って真剣で…!? 澪と小豆洗いはクビを免れることができるのでしょうか? そして、真剣勝負の末に澪を苦しめていた呪いが解けるのか――前代未聞の一大勝負の結末は、ぜひ今夜の放送でご確認ください。

 生きづらい世の中に立ち向かい、さまざまな事情から“闇落ち”してしまった妖怪たちを癒やしていく澪に勇気をもらう「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」。連休明けはお仕事や学校に行くのがつらいという方も多いと思いますが、澪たちに元気をもらってくださいね!

【番組情報】

「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」
テレビ朝日系
土曜 午後11:00~11:30

K・T(テレビ朝日担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.