Feature 特集

不気味な音が鳴り響く孤島で次々と起こる惨劇…。「金田一少年の事件簿」、一たちが伝説の怪物・セイレーンにまつわる事件に挑む!2022/05/07

 なにわ男子の道枝駿佑さんが5代目金田一一役を務める、連続ドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)。1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔である本作。新シリーズでは、日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築し、シリーズ史上最大のスケールで展開していきます。

 記念すべき初回の「学園七不思議殺人事件」では、高校生らしく無邪気な顔を見せたかと思えば、推理の時はガラッと雰囲気が変わり、名探偵らしい目つきになる金田一(道枝)がとても印象的でした。歴代の金田一一に負けず劣らずの存在感でしたね。

 ますます注目度が高まる中、5月8日放送の第2話では、絶海の孤島が舞台の「聖恋島殺人事件」の前編をおくります。

 ある日、剣持勇警部(沢村一樹)の趣味のフィッシングツアーに、一と七瀬美雪(上白石萌歌)、佐木竜太(岩﨑大昇)が誘われ、参加することに。向かった先は不気味な音が鳴り響く聖恋島。その音は、ギリシャ神話に出てくる海の怪物・セイレーンの哭(な)き声だと言われており、セイレーンがその声に惑わされた人間を海に引きずり込んで食い殺すという言い伝えが…。正体が分からないその音に、美雪は不安を覚えます。

 到着した夜、ツアー客全員が、参加者の1人で医師の寒野美火(髙橋ユウ)から呼び出しの手紙を受け取ります。彼女は同じ病院勤務の影尾風彦(佃典彦)や、影尾らを接待する医療機器の営業マン・伊豆丸険(小市慢太郎)らと一緒に参加していました。指定された時間となり、一たちが集合場所に集まった次の瞬間、海から寒野医師を目がけて矢が飛んできて…。さらに翌日には、釣りに行った参加者の1人が一たちの目の前で海の中へ引きずり込まれてしまい…。

 原作ファンの間でも人気のエピソードですが、ドラマ化されるのは今回が初めて。逃げ場がない孤島で次々と起こる惨劇は、伝説のセイレーンの仕業なのか、それとも…。島の唯一の住人、霧声昼子(余貴美子)のミステリアスな存在感が、聖恋島の不気味さを一層引き立てます。また、聖恋島の秘密を調べる雑誌記者・右竜あかねを、普段のかわいいイメージを封印した生田絵梨花さんが演じるのにも注目です。

 さらに、一たちを案内するツアー担当の凪田夏見(吉谷彩子)は以前から影尾らを知っていた様子ですが、避けるような態度を見せます。凪田は何か事件の鍵を握っているのでしょうか。すべての人が怪しく思えてしまいますね。

 突如、過酷な状況に追い込まれ、互いに疑心暗鬼になってしまう登場人物たち。一は島の惨劇を止め、事件の裏に隠された真実を突き止めることはできるのでしょうか!? 各登場人物が見せる人間模様にも注目です。「金田一少年の事件簿」第2話をお見逃しなく!

【番組情報】

「金田一少年の事件簿」 
日本テレビ系
日曜 午後10:30〜11:25

W・O(日本テレビ担当)



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.