Feature 特集

「悪女(わる)」明るくてポンコツな今田美桜がいよいよ全力疾走を開始!2022/04/13

 今田美桜さんが主演を務めるドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系)がいよいよスタート! 深見じゅんさんの人気漫画「悪女(わる)」が原作で、30年ぶりの再ドラマ化。そして、今田さんにとっては初のドラマ主演となります。

 今田さんが演じるのは、三流大学を四流の成績で卒業したポンコツで底抜けに明るくて前向きな新入社員・田中麻理鈴。運よく大手IT企業・オウミに就職することができましたが、超が付くほどの窓際部署・備品管理課に配属され、先輩社員・峰岸雪(江口のりこ)からは「あなたは何も期待されていない」とバッサリ言われてしまいます。そんな会社の最下層にいる麻理鈴が、峰岸に「あなた、出世したくない?」とそそのかされ、成り上がっていこうと奮闘する物語。

 なんといっても、今田さんが底抜けに明るいポンコツを演じるというのが注目ですね! 「とってもキュートだ」という声が止まらないのが想像できます、楽しみです。公開されている場面写真や予告動画からも、絶妙なダサさと良くも悪くも…な真っすぐさが伺えますね。そんな麻理鈴が、「出世するには悪女(わる)になることも必要よ」と峰岸からこずるさを授かり、変わっていくのか、それとも変わらずなのか、次々にやってくる困難にどう立ち向かっていくのか…。

 同じオウミの社員ということとイニシャルしか分からない、T・Oさん(向井理)という一目ぼれした運命の相手の存在が、麻理鈴が頑張る原動となっていますが、成り上がっていく中でうまくお近づきになれるのか…。

 入社以来、何かとぶつかるエリート社員の小野忠(鈴木伸之)は、麻理鈴と出会ったことで自分の審美眼を疑うようになって価値観も変わっていき…? 

 峰岸から「ビルの清掃スタッフの顔と名前を覚えなさい」と言われたことからコミュニケーションをとるようになり、仲良くなる“お掃除探偵”山瀬くん(高橋文哉)もいます。山瀬くんは、ドラマが進んでいくにつれて大きく変貌していき、服装も変わってくるとのこと。本命はもちろん憧れのT・Oさんですが、麻理鈴がどんな恋をしていくのかも楽しみですね。

 今作の大きな話題として、30年前の「悪女(わる)」で麻理鈴を演じた石田ひかりさんの特別出演も挙げられます。今回は人事課長・夏目聡子役で、出世を目指す麻理鈴に立ちはだかるような存在です。30年前、「悪女(わる)」が初の主演ドラマ作だった石田さん。そして、今回の令和版「悪女(わる)」で初めてドラマ主演を務める今田さん。この“新旧マリリン対決”も見逃せません。

 また、第1話のゲストキャストとして、コロナ入社組で劣等感を感じる3年目社員・大井美加を演じる志田未来さん、酒豪の麻理鈴と飲み比べする“おやじ”役の鬼越トマホーク・金ちゃんとその友人役の酒井良多さんらが出演します。さらに、小野の同期として、荒牧慶彦さんや和田雅成さんのほか、今後もイケメンゲストが続々と登場するようですので、いろんなキャラクターがどんな味を出していくのか目が離せませんね。

 でも、やっぱり…今田さん演じる麻理鈴が楽しみでなりません。今田さんの活躍ぶりからすると、今回が初主演というのは意外な気がしてしまいますが、これを機にどんな飛躍を遂げるのか、今後の今田さんにも注目ですね!

【番組情報】

「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」 
4月13日スタート
日本テレビ系
水曜 午後10:00〜11:00(初回は午後9:54〜10:54)

日本テレビ担当 K・T



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.