Feature 特集

独身の娘を思う母が“ラジエーションハウス”を突撃訪問。結婚する気がないと反発する娘に母は…2021/10/25

 窪田正孝さん主演のドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)。本日(10月25日)放送の第4話は、山口紗弥加さん演じる黒羽たまきのフィーチャー回。何やら独身のたまきを心配した母が、結婚相談所のパンフレットを持って病院にやって来るようですが…。結婚する気がさらさらない筆者にもグサグサ刺さる回になりそうな予感…です…。

第4話あらすじ◆独身のたまきを心配した母・るり子が突撃訪問!?

 五十嵐唯織(窪田)たちが働く、甘春総合病院のラジエーションハウスに突然やって来た、たまき(山口)の母・るり子(中田喜子)。るり子は、いまだ独身のたまきを心配し、親同伴の見合いをセッティングしてくれるという結婚相談所のパンフレットを持参していた! たまきが「誰とも結婚する気がない」と反発すると、「いま結婚しないと、一生独身で孤独死まっしぐらだ!」と言い放つるり子…。実はたまきは前夜、自宅マンションでぎっくり腰を起こしていた。頼る人がいなかったため、小野寺俊夫(遠藤憲一)に助けを求めたのだった…。

 さらにるり子は唯織だけでなく、辻村駿太郎(鈴木伸之)たちにもたまきとの結婚を持ちかけており、それを知ったたまきはイライラを募らせていた。

 そんな中、堀田成美(臼田あさ美)が夫の誠司(忍成修吾)に付き添われて救急搬送されてくる。弁護士の夫を持ち、2人の子宝に恵まれた成美は、パティシエの仕事を辞め、いまは育児に専念しているという。絵に描いたような幸せを手にしている美男美女夫婦をうらやましがる軒下吾郎(浜野謙太)や田中福男(八嶋智人)たち。

 腹痛を訴えていた成美のレントゲン写真を見た甘春杏(本田翼)は、便秘だと判断。成美は人より腸が長いこともあり、便秘になりやすいのだという。それを聞いた唯織は、便秘の原因の一つに大腸がんがあり、成美が40歳であることも考慮し、「一度きちんと大腸の検査をした方がいいのではないか」と杏に進言する。それを受け、杏は成美に検査を勧めるが……。

 筆者の周りでは結婚、出産ラッシュ。身内の結婚報告もあり、もうそんな年齢になったのか…と。遠く離れたところに住む家族は独身を謳歌(おうか)する筆者をどう思っているのか気になるところ…。まあ、何を言われても一人のんびり自由気ままに生きていたいと思うのですが…! 第4話放送を見てグサグサ刺されつつ(?)、わが道を歩んでいきたい筆者です。

上島竜兵、月9ドラマ4度目の出演が決定!

 さて、第4話放送もまだですが、11月1日放送の第5話にダチョウ俱楽部・上島竜兵さんの出演が決定! お笑い芸人としてバラエティーを主戦場とする上島さんですが、芸人きっての“月9俳優”と言っても過言ではありません! 

 石原さとみさんが月9初主演を務めて注目を集めた、2015年10月期放送のドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」で、月9初出演ながら石原さんの父親役に大抜てきされると、19年7月期放送のドラマ「監察医 朝顔」第1シリーズ、月9初の2クール連続放送で話題となった「監察医 朝顔」第2シリーズ(20年11月~21年3月)と立て続けに出演。そして、今回の“ラジハ2”がキャリア4度目の月9出演となる上島さんだからこそ、あの“必殺技”を繰り出す⁉ 「調子乗っちゃったからもう呼んでくれないかも…」と心配のようですが…。

演じるのは検査機器を扱うメーカーの技術者

 上島さんが演じる元村は、CTなどの検査機器を扱うメーカーの技術者。甘春総合病院のラジエーションハウスも世話になっている。ある日、甘春総合病院の経営改善計画の一環として、早期退職させるラジエーションハウスの仲間を1人選ぶよう指示された技師長の小野寺(遠藤)は、それを阻止するために「他のことなら何でもやる」と、院長の灰島将人(髙嶋政宏)に提案。小野寺は、売り上げを上げるためにエコー検査はすべてCT検査へ切り替えるよう指示するが、その矢先、CTにX線を発生させるX線管球が切れかかるという事態が発生。元村は、そんなラジエーションハウスの危機を知り、やって来て…。

 患者の病、ケガの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いを描いている「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」。上島さん出演の第5話も楽しみですが、まずは、今夜9:00から放送の第4話をお楽しみに!

【番組情報】

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」
フジテレビ系
月曜 午後9:00~9:54

フジテレビ担当 Y・O

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.